Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 中東アート市場へのコロナウイルスの打撃をオンライン販売が緩和した理由

中東アート市場へのコロナウイルスの打撃をオンライン販売が緩和した理由

スイスの多国籍投資銀行UBSによると、年間641億ドルの価値を持つ世界のアート市場は、コロナウイルスの発生によりギャラリーが閉鎖を余儀なくされ、販売や展覧会が中止されるまで、近年順調に成長していた。(Supplied)
スイスの多国籍投資銀行UBSによると、年間641億ドルの価値を持つ世界のアート市場は、コロナウイルスの発生によりギャラリーが閉鎖を余儀なくされ、販売や展覧会が中止されるまで、近年順調に成長していた。(Supplied)
Short Url:
23 Jan 2021 01:01:20 GMT9
23 Jan 2021 01:01:20 GMT9
  • COVID-19の封じ込め対策により、ギャラリーやオークションハウスはデジタル技術の導入を余儀なくされている。
  • サザビーズとクリスティーズは、コロナウイルスの影響で市場が縮小したにも関わらず、デジタル販売の増加を報告している。

Rebecca Anne Proctor

ドバイ:世界中のクリエイティブ産業は、COVID-19の封じ込め措置の下で苦しんでおり、イベントのキャンセル、アーティストや会場の収入の損失につながっている。中東のコミュニティベースのイニシアチブは、アート界の専門家がパンデミックの財政的打撃の最悪の事態を乗り切るのを助けてきたが、アート市場自体は奇妙な新しい状況に適応することを余儀なくされている。

世界のアート市場は、スイスの多国籍投資銀行UBSによると年間641億ドルの価値を持つとされ、それはコロナウイルスの発生によりギャラリーの閉鎖や販売・展示会の中止を余儀なくされ、コレクターの購買力が蝕まれるまで、近年順調に成長していた。

実際、UBSとアート・バーゼルが発表した、アメリカ、イギリス、香港の795軒のギャラリーと360人のコレクターを調査したレポート「The Impact of COVID-19 on the Gallery Sector(ギャラリーセクターへのCOVID-19の影響)」によると、このパンデミックにより、2019年の最初の半年間と比較して、近現代の作品を扱うギャラリーの売り上げは36%下がり、平均で43%の売り上げ減少となった。

移動制限やロックダウンにより会場の閉鎖を余儀なくされたギャラリストたちは、バーチャルフェアをはじめとする新たな方法で美術品を販売し、アーティストのプロモーションを行うことを余儀なくされている。(Supplied)

売上高が50万ドル未満の小規模なギャラリーでは、売上高の減少が最も大きく、多くのギャラリーが人員削減やレイオフを余儀なくされている。この調査結果は、多くの高級品業界の売上高の減少を反映しているように見える。

移動制限やロックダウンで会場の閉鎖を余儀なくされたギャラリストたちは、バーチャルフェアを含め、美術品の販売やアーティストのプロモーションを行うための新たな方法を模索せざるを得なくなった。ギャラリストたちはバーチャルフェアの有効性について躊躇いを感じているが、それは当面の間、開催されるように見える。 少なくともより多くの対面イベントが安全に開催できるようになるまでは。

一方、オークションの世界では、デジタルへの移行によって売上が大きく落ち込んでいるわけではない。売り手は依然として貴重品の売却に意欲的で、買い手はかつてないほど飢えている。

例えば、6月末に開催されたサザビーズのオンライン現代アートセールでは、多くの作品が最高額で落札された。ジャン・ミシェル・バスキアのドローイングは1500万ドル、フランシス・ベーコンの三連祭壇画は8500万ドル近くで落札された。

中東のオークション界でも、センチメントはポジティブなものだった。2020年のサザビーズのMENA関連オークションの52%はオンラインのみの販売となった。これは6回のオンラインオークションと2回のライブオークションに基づく割合である。それに比べて、2019年のライブオークションは7回、2018年のライブオークションは5回で、いずれともオンラインオークションは開催されなかった。

2020年のサザビーズのMENA関連オークションの52%がオンラインのみの販売となった。これは6回のオンラインオークションと2回のライブオークションに基づく割合だ。(提供)

「それは、これらの販売でオンラインでの入札や購入が多くなかったということではありません」と、中東およびインドのサザビーズの会長であるエドワード・ギブス氏は、アラブニュースに語った。「しかし、2020年は根本的な変化の年であり、それは今後も持続的な効果をもたらすでしょう」

デジタルモードの採用プロセスは、すでに本格的に始まっていたが、パンデミックの発生で本格化した。アート・バーゼルとUBSの報告によると「アート市場は歴史的にEコマースの導入が遅かったが、今回の危機に直面して変化したことがわかった」という。

実際、2020年の上半期には、オンライン販売がギャラリーの総売上高の37%を占めており、2019年の10%から増加している。この報告のために調査をしたコレクターのうち、85%以上がギャラリーやフェアのオンラインビューイングを訪れたことがあると回答しており、半数弱が購入を確定するためにこれらのプラットフォームを利用したことがあるという。

調査対象となったギャラリーの約66%が、2021年にはギャラリー部門のオンライン販売がさらに増加すると予想している。

数値

アート市場

* 世界のアート市場の年間価値は641億ドル。

* ギャラリーの売上高は、2019年の上半期と比較して36%減少。

* 2020年のサザビーズのMENAオークションにおけるオンラインのみの販売シェアは52%。

「新年に向けての多くのポジティブな学びの中には、デジタル・イノベーションの重要性や、アートやレア・オブジェクトの抑えがたい力が含まれています」とギブス氏は述べている。

「テクノロジーの面では、サザビーズは過去数年間を独自のオンライン販売プラットフォームの開発に費やしてきました。それはコロナウイルスの打撃を受けたときに、迅速に事業を拡大し、これまでオンラインには含まれていなかった新しいカテゴリーを、これまで以上に幅広い商品の提供へと繋げられたことを意味します」

中東の顧客は、常に最も技術に精通していると彼は言う。

「ドバイを拠点とした初のオンラインセールを開始したほか、アラブとイランの近現代美術の初のオンラインセールを開催しました」とギブス氏は述べた。

「例えばイスラーム美術品のような、より伝統的な市場でも、このような傾向が見られます。最近開催されたArts of the Islamic World and Indiaのライブセールでは、セールに参加した入札者の半数以上がオンラインで取引しました」

Abdulrahman Al-Solimanの、『無題』(1981年)は、推定61,500ドルから75,200ドルの間の価値がある。(Supplied)

この感情はクリスティーズでも共有されている。クリスティーズ中東の代表取締役であるキャロライン・ルーカ=カークランド氏は、「オンライン販売はとても健全に増加している」とアラブニュースに語った。「オンラインポータルを通じて、多くの新規の登録者や顧客を獲得しました」

2020年11月、クリスティーズ中東は15回目の秋のセールシーズンを3回のオンラインオークションで迎えた。そのうちの1つがWe Are All Beirutであり、8月4日に発生した港の爆発事故を受け、レバノンの首都のアートコミュニティに救済と支援を提供するためのチャリティー活動を行った。このイベントでは、ベイルートの歴史的なスールソック博物館をはじめとする市内のアートや文化関連コミュニティの再建を支援するため、68万ドル以上の資金が集まった。

「ロックダウンと渡航禁止令が出ている間、ビューイングなしのオンラインオークションを行うことは困難でしたが、いくつかの良い結果を得ることができました」とルーカ=カークランド氏は述べている。「サミア・ハラビーの記録を更新し(54万2,000ドル)、またモロッコの巨匠モハメド・メレヒの1982年の作品は40万6,000ドルを達成しました。さらに、私たちの初めてのデザイン部門で、ランヤ・サラクビの『ウロボロス』が40万6,000ドルを記録しました」

クリスティーズは、ベイルートのチャリティーセールにおいて、レバノンのコレクターからの大きな関心を見てとった。「しかし、レバノンからの海外送金の規制により、ベイルートのコレクターがオークションに参加できなくなりました」とルーカ=カークランド氏は述べた。

「レバノンのアート市場は、現在の銀行規制とその政治状況に苦しんでいます。同様に、継続的な制裁やその他の地政学的なハードルがイラン市場に影響を与えています」

14世紀にシリアで製作された、金メッキとエナメル加工が施された非常に重要なマムルクガラスのフラスコで、推定684,000ドルの価値がある。(Supplied)

中東の他の地域では、市場はより有望だ。「健全なアート市場はまだありますが、特に北アフリカのアートに対する需要が高まっており、オンラインプラットフォームを介して新たなバイヤーが参入してきています」と彼女は言う。しかし「このような時代には、イランとレバノンのアート市場をサポートする必要があります」と付け加えた。

クリスティーズ中東は、10月にロンドンで毎年恒例のアートセールを開催する予定だ。

オンライン・プラットフォームはパンデミックの間に広く利用されてきたが、コレクターたちは、アーティストやギャラリーと交流するための手段としては好ましいものではないと指摘している。

アート・バーゼルとUBSの調査では、アートをどのように鑑賞したいかという質問に対して、70%の人がライブまたはオフラインの展示会やフェアへの参加を選択したのに対し、30%の人はオンラインのビューイングルームやその他のオンライン・プラットフォームを利用することを希望している。

制限が現在も続いているにもかかわらず、コレクターの約82%が、今後12ヶ月以内に展覧会やアートフェア、イベントに参加する予定があると答えている。パンデミックの間にデジタルフォーマットが台頭したかもしれないが、現実世界のギャラリーやオークションがすぐに終焉を迎えると予測するのは間違っているだろう。

——————-

Twitter: @rebeccaaproctor

特に人気
オススメ

return to top