Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジのZ世代ファンが新たな命を吹き込んだヴィンテージアイテム

サウジのZ世代ファンが新たな命を吹き込んだヴィンテージアイテム

ヴィンテージとは20〜99年物の文化的に重要で収集価値のあるアイテムであり、アンティークとは少なくとも100年物の収集可能なアイテムである。(写真/付属)
ヴィンテージとは20〜99年物の文化的に重要で収集価値のあるアイテムであり、アンティークとは少なくとも100年物の収集可能なアイテムである。(写真/付属)
写真[***]_reema_
写真[***]_reema_
写真[***]_reema_
写真[***]_reema_
写真[***]_reema_
写真[***]_reema_
Short Url:
14 Mar 2021 09:03:09 GMT9
14 Mar 2021 09:03:09 GMT9
  • ” 世界中で、特にファッション業界での再販経済の成長は、オンラインでミニビジネスを構築したり、既存プラットフォームで参入している何百万人ものミレニアル世代とZ世代のメンバーにより主に推進されていると見られる。

Ruba Obaid

ジェッダ:サウジアラビアのミレニアル世代とZ世代の間で、アンティークやヴィンテージアイテムの収集人気が高まっており、幅広い価格帯でアイテムを販売するインスタグラムストアが増えている。

特に若い消費者が、新たな個性、独自性、自己表現の感覚から、古着やアクセサリー、家庭用品を購入して再利用する

サウジアラビアでは、中古品は通常チャリティーを通じてリサイクルされてきた。 しかし、これらの先祖返りの製品を受け入れるミレニアル世代のおかげで、再販、中古品、ユーズド品への関心が発展し、状況は変化している。

王国中に複数のアンティークストアがあるが、これらは通常、審美的で歴史的に重要なアイテムに焦点を当てている。

サウジアラビアにはこの種のビジネスの市場は確立されていないが、中古アイテムに対する関心が変化しており、状況が変化し始めている。

ニュージーランドのオタゴ大学のファッションデザイン科を卒業したサウジアラビア人のReemAba Alkhayl氏は、ジェッダにあるヴィンテージブティック「La Reema」のオーナーである。

オンラインブティックで、Aba Alkhayl氏は、セレクトされたクラシックなシルエットのモダンでミニマルな古着、ジュエリー、財布、アクセサリーを販売している。

ヴィンテージアイテムが持つ美と真正性の感覚に加え、Aba Alkhay氏にとって、ヴィンテージを大切にすることはファストファッションへのレスポンスでもある。

「デザイン、歴史、個性を味わうことが私のヴィンテージへの興味を最初に刺激した一方、環境をサポートするためのさらなる一歩として、持続可能な属性にも惹かれた」と氏はアラブニュースに語った。

ファストファッションの流行への関心が下がり始め、人々はより時代を超越し、高品質でユニークなデザインのアイテムを探していると氏は付け加えた。

「また、新たなファッショントレンドは過去のものが復活しただけなので、最初に生産されたアイテムを買うより良いことがあるだろうか?」

2020年に設立された「La Reema」は、「このようなユニークなアイテムを見つけるのが非常に難しい」地域に住むサウジアラビアの女性が対象である。

Aba Alkhayl氏は、独自のストーリーを持つユニークなデザインを高く評価している。氏は各作品のメーカー、ブランド、スタイル、原産地を調査し、その歴史をアイテムの次の所有者に伝えようとしている。

ヴィンテージ愛好家兼コレクターとして、Aba Alkhayl氏は、英国、米国、フランス、イタリア、ロシアなど世界中の骨董店やヴィンテージセラーとのつながりを築いてきた。

ヴィンテージは、サウジアラビアのコミュニティに新たに紹介された文化であるため、売り手は潜在的顧客に対応する際にいくつかの困難を感じる。

当社のアイテムには20年以上の歴史があり、以前の着用や経年により、欠陥や不備がある可能性がある」とAba Alkhayl氏は述べる。「残念ながら、すべてのお客様にご理解いただけるわけではない。」

また、一度販売された商品は希少性があり、再入荷できない。

ヴィンテージ人気の高まりは、現在の経済情勢、中古品の着用と利用に対する消費者の関心の変化、現在のファッションデザインにヴィンテージのインスピレーションが含まれることなど、いくつかの要因に関連する。

ソーシャルネットワークとメディアの助けを借りたエコファッションと持続可能な取引の価値観は、このトレンドのマーケティングで大きな役割を果たしてきた。

世界中で、特にファッション業界での再販経済の成長は、オンラインでミニビジネスを構築したり、既存プラットフォームで参入している何百万人ものミレニアル世代とZ世代のメンバーにより主に推進されていると見られる。

たとえば、ロンドンを拠点とするソーシャル・ヴィンテージショッピングアプリ「Peer-To-Peer」には1,800万人を超えるユーザーがおり、その90%は26歳未満である。

さらに、オンライン古着プラットフォーム「Thred Up」による最近のレポートによると、古着市場全体は2029年までにファストファッションのほぼ2倍規模に成長すると予測されている。

GhaidaとGhadeer Alaliwiは、いとこ同士の2人で、2016年にヴィンテージの手描きの紅茶とコーヒーカップを専門とするサウジアラビア初のヴィンテージギャラリーストア「Le Rovine Concerto」を設立した。

「サウジアラビア人はコーヒーと紅茶が大好きだ。サウジアラビアでは皆、独自の方法で、フレーバー、サービング、さらには本物と伝統を物語る洒落たカップを使って、おいしい飲み物を淹れる」と彼らはアラブニュースに語った。

それ以来、この2人は王国全体で数百人の顧客と数千人のフォロワーを魅了してきた。アイテムの裏話が、ヴィンテージのバイヤーを魅了する共通の要因である。

アイテムの希少性が、多くの人々を芸術的、文化的、歴史的意味があるアイテムを自分の家用に購入するように引き付けた。

2人は、特に2020年に、サウジアラビアでインスタグラムのヴィンテージストア数が増加していることに気づいた。

「恐らく、厳しいパンデミックの時期、パンデミックで課せられた困難な状況に立ち向かうため人々をクリエイティブに働くよう刺激した。」

ヴィンテージの収集と販売は大変な作業であり、情熱と忍耐が必要である。 GhaidaとGhadeerにとって、自分たちのストアは他の人と共有できる趣味への投資である。

いとこたちは、祖母がダイニングルームのショーケースに飾ったアンティークのティーセットに魅了されたと語った。当時は材料が不足していたにもかかわらず、数十年前の優れた職人技が主なインスピレーションの源であり、ミレニアル世代が郷愁に惹かれる理由となっている。

「ヴィンテージの家庭用品には、現代のアイテムにはない比類なき美しさがある。経年変化に耐えやすい優れた素材で作られ、また、真正性を重視する以前の社会を象徴する碑文であった。」

特に人気
オススメ

return to top