Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビアと米国の写真家がジェッダで国を象徴するイメージを紹介

サウジアラビアと米国の写真家がジェッダで国を象徴するイメージを紹介

伝説のシカゴ劇場、アル・ウラーのマラヤビル、サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジ、エンプティクォーターの黄金の砂丘など、有名なランドマークの写真が展示されている。(写真/サーレハ・ファリード)
伝説のシカゴ劇場、アル・ウラーのマラヤビル、サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジ、エンプティクォーターの黄金の砂丘など、有名なランドマークの写真が展示されている。(写真/サーレハ・ファリード)
伝説のシカゴ劇場、アル・ウラーのマラヤビル、サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジ、エンプティクォーターの黄金の砂丘など、有名なランドマークの写真が展示されている。(写真/サーレハ・ファリード)
伝説のシカゴ劇場、アル・ウラーのマラヤビル、サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジ、エンプティクォーターの黄金の砂丘など、有名なランドマークの写真が展示されている。(写真/サーレハ・ファリード)
伝説のシカゴ劇場、アル・ウラーのマラヤビル、サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジ、エンプティクォーターの黄金の砂丘など、有名なランドマークの写真が展示されている。(写真/サーレハ・ファリード)
伝説のシカゴ劇場、アル・ウラーのマラヤビル、サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジ、エンプティクォーターの黄金の砂丘など、有名なランドマークの写真が展示されている。(写真/サーレハ・ファリード)
Short Url:
22 Aug 2021 02:08:44 GMT9
22 Aug 2021 02:08:44 GMT9
  • サウジアラビアと米国の芸術と文化交流に焦点を当て、SSCAはこの展覧会を通じて70年以上に及ぶ両国の関係を促進している。

サーレハ・ファリード

ジェッダ:サウジアラビアと米国の写真家の作品を紹介する国際共同展示会が、ジェッダにあるサウジアラビア文化芸術協会 (SSCA)で開催された。

ファリス・Y・アサド在ジェッダ米国総領事の後援の下、世界写真デーの一環として開催されたこの写真展では、サウジアラビアと米国の様々な自然や文化的生活を描いた48枚の写真が展示されている。

作品には、両国の風景、考古学的・歴史的なランドマーク、市民のモニュメントなどが含まれている。

サウジアラビア人写真家のオマー・アル・ナハディ氏がキュレーションを担当したこの展示会は「天秤にかけられた現実、認識、信頼の概念」もそのテーマとなっている。

伝説のシカゴ劇場、アル・ウラーのマラヤ建築物、サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジ、エンプティクォーターの黄金色の砂丘とアリゾナ砂漠の赤い砂のコントラストなど、有名なランドマークの写真が展示されている。

また、サウジアラビアのナショナルデーや両国の独立記念日の様子も紹介されている。

この展覧会を通じて、SSCAはサウジアラビアと米国の芸術および文化交流の促進に注力、その関係は70年以上に及んでいる。

アル・ソベイア氏は、国際的な文化・芸術の日を祝い、すべての人とのコミュニケーションの橋を広げ、「王国の国家的メッセージが世界に届く」ことの重要性を訴えた。

新任で、王国でのイベントに初めて出席したアサド氏は、米国とサウジアラビアの「素晴らしい長い関係」を強調、文化・芸術分野での協力をさらに強化したいと述べた。

同氏はアラブニュースに次のように述べている。「この展覧会は、芸術がいかにして両国の人々の間に橋を架けることができるかを示す完璧な例です。この展覧会が素晴らしいのは、共通点と相違点が同時に示されていることです。すべての画像にメッセージが込められている、素晴らしい展覧会です」

アサド氏は1980年代にタブークで育ったため、サウジアラビアの文化に精通している。彼は、サウジアラビア王国が「あらゆる分野で活況を迎えている」と語っている。

本展のキュレーターであるアル・ナハディ氏は次のように述べている。「この集まりを通して、写真家たちはそれぞれの国が持つ素晴らしいランドマークやサイトの写真を見せてくれました。そのような素晴らしい写真家が一堂に会したことを嬉しく思います」

サウジアラビアの画家で写真家のマハ・アル・カフィ氏は、「サウジアラビアと米国の写真家が共有したこのような美しい写真を見ることができて嬉しいし、1つの場所でこれらのランドマークを並べて見ることができて楽しかったと思う」と述べた。

特に人気
オススメ

return to top