Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 石油生産国はコロナウィルス第2波の中での需要判断に苦労するかもしれない: エネルギー監視機関

石油生産国はコロナウィルス第2波の中での需要判断に苦労するかもしれない: エネルギー監視機関

OPEC加盟国とロシアを含むその他の生産国から成るOPEC+生産国は、1月から供給量を200万バレル/日引き上げることを計画している。(ロイター)
OPEC加盟国とロシアを含むその他の生産国から成るOPEC+生産国は、1月から供給量を200万バレル/日引き上げることを計画している。(ロイター)
Short Url:
14 Oct 2020 10:10:30 GMT9
14 Oct 2020 10:10:30 GMT9
  • 「今後数ヶ月における過剰供給を吸収するための市場の余地は限定的」

ロンドン:国際エネルギー機関(IEA)が水曜、パンデミックの絶頂期に増加した世界の石油在庫は着実に減っているものの、第2派が需要を鈍化させており、市場の均衡を保つ生産国の努力を困難なものにするだろうと述べた。

OPEC加盟国とロシアを含むその他の生産国から成るOPEC+生産国は、1月から供給を200万バレル/日(bpd)引き上げることを計画している。またIEAは、リビアでの停戦によって12月の同国の生産量は現在の300,000bpdから700,000bpdに高まるだろうと予測している。

「今後数ヶ月における過剰供給を吸収するための市場の余地は限定的」と、IEAは月次報告書で述べた。「需給の引き締まった石油市場をもたらすというそれらの願望は、動く標的を狙うように非常に困難だ」
OPEC+生産国は現在、生産量を770万bpd削減している。

IEAは比較的安定している石油価格と力強い在庫利用に言及し、「生産国の努力は一定の成功を示してきた」と述べた。また、世界の在庫は第3四半期に230万bpd減少しており、第4四半期には410万bpdの減少が見込まれることを示唆した。

しかしながら同機関は、夏の間の需要の反発は現在、コロナウィルス感染の第2波と新たな移動制限により鈍化していると付け加えた。

「このことで間違いなく、予測されていた景気回復の堅牢性について疑問が生じ、従って石油需要の拡大に対する見通しにも影響を与えるだろう」と、IEAは言う。

特に人気
オススメ

return to top