Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 人気曲「ベイビーシャーク」がコンサート、テレビアニメ、デジタルコミックに展開

人気曲「ベイビーシャーク」がコンサート、テレビアニメ、デジタルコミックに展開

『ベイビーシャーク:“フィン”タスティックアドベンチャー』は、7月7日から17日まで、UAE・ドバイのモール・オブ・ジ・エミレーツのシアターで、アート・フォー・オール(Art For All)とイベントボックス(EventBox)とのパートナーシップにより上演される。(提供)
『ベイビーシャーク:“フィン”タスティックアドベンチャー』は、7月7日から17日まで、UAE・ドバイのモール・オブ・ジ・エミレーツのシアターで、アート・フォー・オール(Art For All)とイベントボックス(EventBox)とのパートナーシップにより上演される。(提供)
『ベイビーシャーク』は、YouTubeで約100億回のヒットを記録している。(提供)
『ベイビーシャーク』は、YouTubeで約100億回のヒットを記録している。(提供)
Short Url:
13 Jul 2022 05:07:25 GMT9
13 Jul 2022 05:07:25 GMT9

アラブニュース・ジャパン

韓国のエンターテインメント企業ピンクフォン(PINKFONG)が『ベイビーシャーク』という曲を発表してから7年、この曲は、バイラルな人気を延々と続く収益性の高いフランチャイズに変え、いまや地球を支配するという着実な使命を担っている。

サメの家族を歌ったこの人気曲は、レバノンの反政府デモの叫び声となり、ホワイトハウスで演奏され、野球のワールドシリーズで優勝したワシントン・ナショナルズのファンによって演じられ、ドバイでは噴水でさえそのビートに合わせて踊っている。

この曲の商業的な可能性を示す最新のイベントが上演される。元々は2分間のミュージックビデオを90分間のライブ用に翻案し、その他の歌、アクティビティ、ショーを紹介するライブショー『ベイビーシャーク:“フィン”タスティックアドベンチャー』は、7月7日から17日まで、UAE・ドバイのモール・オブ・ジ・エミレーツのシアターで、アート・フォー・オール(Art For All)とイベントボックス(EventBox)とのパートナーシップにより上演される。

『ベイビーシャーク:“フィン”タスティックアドベンチャー』では、『ベイビーシャーク』の歌とダンスを学ぶことができる学習セッションが行われる。また、ピンクフォンのキャラクター、ピンキッツとベイビーシャークに会う機会もある。

ライブショーのチケットは150ディルハム(約5,580円)で購入でき、アート・フォー・オールのウェブサイトから複数のプラットフォームで入手可能だ。

アラブニュース・ジャパンのインタビューで、ピンクフォン社は『ベイビーシャーク』の制作過程と物語について説明し、コンテンツの成功の裏にある戦略について語り、ほとんどの大人が心の奥に抱えている疑問――なぜ、サメなのか――に答えた。

同社は2015年11月にYouTubeのピンクフォンチャンネル(現ピンキッツ・ベイビーシャーク)に『ベイビーシャーク』を初めてアップロードした。翌年には従来の歌唱動画を現在のもの――アップビートなリズム、ポップなメロディに子どもたちが歌い、ダンスを演じるという内容――に差し替えた。

この動画は、ネットユーザーからネットユーザーへと急速に広く流通し、2022年1月にはYouTubeで100億回再生を達成し、2020年11月以降、史上最も視聴されたYouTube動画となり、「社会現象」とみなされるようになった。また、この一連の成功により、ピンクフォンのYouTubeチャンネルは5000万人の登録者を記録し、YouTubeによるカスタム・クリエイター・アワードを獲得した。

ピンクフォンYouTubeチャンネルに与えられたYouTubeによるカスタム・クリエイター・アワード。(提供)

サメをメインキャラクターにしたのは、「子どもは強くて凶暴な動物を好む」ということを、調査や経験によって知ったからだという。そこで、「サメやライオン、T-REXといったトップ・プレデター(頂点捕食者)が主役のコンテンツを作るようになったのです」と同社は語る。

ポジティブなメッセージを込めた子ども向けコンテンツの制作は、「楽しいコンテンツで世界中の人々をつなぐ」というピンクフォン社のミッションと共鳴する。

「コンテンツの力を信じ、社会的な価値を共有しながら、人々を笑顔にする楽しいコンテンツを通じて、世界をより良くしていこうとしています」、とピンクフォン社は述べている。

「『ベイビーシャーク』の曲の歌詞は、韓国の社会状況や情勢を反映しているというよりも、家族などの普遍的な価値観を連想させるようにできています。歌詞に普遍的な価値観を加えることで、バックグラウンドや年齢に関係なく、視聴者に親近感を持ってもらえるようにしました」とピンクフォン社は付け加えた。

「ベイビーシャーク、ドゥドゥドゥドゥドゥドゥ」という明るい曲調で始まるこの曲は、自然界に生息するサメの生態を力強く描写すると同時に、サメの家族を親戚のように表現し、社会的、文化的に想像しやすいように人間とのつながりを盛り込んだものだ。

「このコンテンツの成功は、コンテンツそのものだけでなく、消費者の反応を追跡し、迅速かつ戦略的に対応したチームの貢献が大きいです」とピンクフォン社は述べている。

コンテンツの選択として、元気な雰囲気、カラフルなアニメーション、子供のパフォーマーなどが多い。これらはすべて、子供と大人の両方が楽しみながら簡単に理解したり演奏したりできる、シンプルな曲の楽しい動画になっている。このような点に加え、同社の巧みなプロモーション戦略が、成功のカギを握っている。

同社は、世界中のより多くのオーディエンスにコンテンツを届けるため、無料で利用できるYouTubeや、有料で利用できるアプリケーションでの配信を開始した。

2017年には、ハッシュタグ( #BabySharkChallenge )付きのベイビーシャーク・チャレンジが行われた。世界中のファンが同曲のカバーダンスを実演してチャレンジに参加し始め、インターネット上でバイラル現象が発生、同プラットフォームでの再生回数が増加した。また、ルイス・フォンシ氏などの著名人とコラボレーションした『ベイビーシャーク』動画を制作し、視聴者が『ピンクフォン・ベイビーシャーク』のカバー動画をソーシャルメディア上で共有することで、視聴者数の増加を促進した。

「『ベイビーシャーク』の人気が爆発して以来、私たちはファンの皆様に、TVシリーズ、ライブショー、ゲーム、グッズ、そしてNFTなど、私たちの愛するIPを楽しむための活気ある体験や新鮮な方法を提供しようと試みました。私たちは、ルイス・フォンシ氏のような有名人、ジョンソン・エンド・ジョンソン、クロックス、ユニリーバ、ダヴ、ケロッグなどのグローバル消費者ブランド、Netflix、Amazonプライムビデオ、Netflix、ロク(Roku)、ASTROなどのストリーミングプラットフォームと提携しました」とピンクフォン社は述べている。

この成功をさらに活かすため、同社は、コンテンツのジャンル、オリジナルコンテンツ、グローバルビジネスの拡大を通じて、キャッチーな楽曲を超えたグローバルエンターテインメント企業へと成長する計画を発表している。

オリジナルコンテンツ強化の一環として、3人の愛らしい赤ちゃんとその親たちの冒険を描いた新しい 3Dアニメーション『べべフィン(Bebefinn)』を発表した。『べべフィン』は、公開から3週間でYouTubeチャンネル登録者数が10万人を突破し、YouTubeからシルバー・クリエイター・アワードを受賞、動画の累積再生回数は2500万回を達成するなど、すでにブレイクしている。ピンクフォン社は、「『べべフィン』の立ち上げに加え、『ムーン・シャーク』というファンタジー青春ロマンスシリーズで、初めてデジタルコミックに進出します」と述べている。

この拡大計画には、ニコロデオンとの提携によるスピンオフTVアニメシリーズの制作、グローバルな商品ライセンスプログラム、世界各地でのライブツアー、インタラクティブゲーム、NFTなども含まれている。

韓国ピンクフォン社の『ベイビーシャーク』ブランドを基にした子供向けテレビアニメシリーズ『ベイビーシャーク・ビッグ・ショー』。(提供)

ピンクフォン社は、ニコロデオンアニメーションと共同制作し、すぐに米国で最も人気のある幼児番組の一つとなった世界的な大ヒットアニメシリーズ『ベイビーシャーク・ビッグ・ショー』の第2シーズンの公開決定を発表した。また、現在18カ国のNetflixで「今日のトップ10映画」リストにランクインしている歌謡スペシャル『ピンキッツとベイビーシャークのスペースアドベンチャー』の続編を公開するために作業中だと述べた。

特に人気
オススメ

return to top