Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • リヤド大通りで人々が輝かしく残虐なハロウィンの祭典を楽しむ

リヤド大通りで人々が輝かしく残虐なハロウィンの祭典を楽しむ

Short Url:
30 Oct 2022 01:10:16 GMT9
30 Oct 2022 01:10:16 GMT9
  • ドレスアップした訪問者は、恐ろしい衣装を着ていることを条件に、大通りへの無料入場を許可された。

ナダ・アルトゥルキ

リヤド: リヤドで不気味な季節のお祭りが始まり、木曜日と金曜日に開催された「Scary Weekend」イベントでは、大通り全体がコスチュームパーティーの会場と化した。

ドレスアップした人々は、恐ろしい衣装を着ていることを条件に、大通りへの無料入場を許可された。

このイベントでは、サウジアラビア人と住民たちが恐ろしい変装をし、創造的なデザインを披露するパレードが行われた。

目指したのは、人々がさまざまなキャラクターの衣装の背後にある物語を発見し、楽しさ、スリル、興奮に満ちた雰囲気を作り出すことであった。

参加者の 1 人、アブドゥルラフマン氏は、北米の神話上の生き物ウェンディゴの衣装を披露した。

伝説によると、この伝説の生き物は、人間に憑依し、貪欲と飢餓の感情を呼び起こし、共食いさせて人肉を食べる悪霊である。

アブドゥルラフマン氏が国内でハロウィンを祝ったのはこれが初めてだった。

「本当にこれは素晴らしいお祝いであり、喜びの精神があります。ハラームやハラールについて私は何も知りません。私たちは楽しいからそれを祝いますが、信仰があるわけではありません。」と彼はアラブニュースに語った。

ハロウィンは長い間湾岸諸国で敬遠されてきましたが、イベントの参加者はこれを無害な娯楽の一環であると説明した。

イベント参加者の 1 人であるカーレド・アルハルビ氏は、「行動は、その動機によります。私はただ楽しむためにここにいるだけです。」と言った。

アルハルビ氏は家族と一緒に来ており、家族は血まみれの医者、看護師、そしてコンサルタントに扮していた。彼らはこの衣装の背景にある裏話を作成し、街で最大の仮装パーティーがはじまる時間ちょうどに大通りに到着した。

アルハルビ氏は魔女に扮した 2 歳の子供を抱いており、その魔女はふざけて家族全員に狂気の呪文を唱えていた。

家族がハロウィーンを祝うのもこれが初めてであった。

そのそばには、キャットウーマンに扮した友人と一緒に、ビロードのような赤い髪とお祭りの帽子をかぶった魔女もいた。フェイクのタトゥーも施して完璧に着飾った2人は、この経験についてアラブニュースに語った。

「ジュエリーとアイライナーを組み合わせてタトゥーを作ってみました。メイクは刺激になります。ハロウィンを祝うのは初めてです。去年はこの日を逃してしまいましたが、今回は参加できました。」と魔女に扮したアメエラ氏は言った。

2 人は、このイベントは、創造性を表現し、サウジアラビアの人々と一緒に祝う絶好の機会であると付け加えた。

二人とも普段病院で働いており、ドレスアップはストレスを和らげ、楽しむための素晴らしい方法だと話した。

「大賛成です。私たちの中にはエネルギーがあり、それを発散させる必要があります。このお祝いは、このエネルギーを調節できる機会です。創造的で才能があり、鮮やかな想像力を持っている人が、それを解き放つことができます。たとえば、絵を描いたり、映画のようなメイクをしたり。」とアメエラ氏は話した。

別の参加者であるアブドゥルアジズ・ビン・カレド氏は、西部劇映画と残虐なゾンビへの愛を表現することに決め、その二つを融合して腐敗したカウボーイの仮装をし、「注意!ゾンビです」と書かれた看板を持っていた。

ビン・カレド氏は、「これが私の好きな映画です。カウボーイ、アメリカの戦争映画、ホラー映画、そして西部劇。デンゼル ワシントンの映画 『 マグニフィセント・セブン 』が大好きなんです。」

「この大通りでのコスチュームイベントはこれで2回目です。それは本当に素晴らしく、すべての若い男性と女性が素晴らしい衣装を着て集まります。誰もが映画やホラーなどにインスパイアされたクールなものを作成しています。リヤドシーズンにこれを見ることができるのは素晴らしい。」と語った。

イベントは、花火ショー、高揚する効果音、不気味な装飾で、完璧なものとなった。同様のイベントが、今年初めにブルバード・リヤド・シティとウィンター・ワンダーランドで 3月17日と18日に開催された。

特に人気
オススメ

return to top