Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • グラフィティアーティスト・バンクシーのアート展がリヤドで開催

グラフィティアーティスト・バンクシーのアート展がリヤドで開催

18 Feb 2020
英国の活動家兼アーティスト、バンクシーによるものと考えられている最近のアートワーク、2018年6月25日フランス・パリにて撮影。(ロイター)
英国の活動家兼アーティスト、バンクシーによるものと考えられている最近のアートワーク、2018年6月25日フランス・パリにて撮影。(ロイター)
Short Url:
Updated 18 Feb 2020
18 Feb 2020

アラブニュース

リヤド:サウジアラビアは英国のグラフィティアーティスト、バンクシーの作品を展示する展覧会を開催する予定。

展覧会 “The Art of Banksy ‘Without Limits’” がリヤドのキング・アブドゥッラー・ファイナンシャル・センターで2月20日に開幕する。

作品が中東で展示されるのは初となる。

サウジアラビア通信社によると、展覧会では約70点のバンクシーの作品が写真や様々な印刷物を用いて展示される。

真のアイデンティティが謎のままのこのアーティストは独特のスタイルを用い、しばしば社会問題をユーモラスに描くことで世界的な現象となった。

展覧会ではビジュアルや演劇効果、またバンクシーとその作品に関するドキュメンタリーも展示される。

「“The Art of Banksy” はバンクシーのアートを祝福し、その希望と人間性のメッセージを世界に届けることを意図しています」と主催者は語る。

この展覧会はアムステルダム、メルボルン、ベルリン、パリではすでに閉幕している。

バンクシーはグラフィティーを用いて政治的な声明を出すことで知られ、占領下パレスチナ自治区では西岸地区をわたって立つイスラエル国境壁に描いた風刺画を含む多くの作品を制作している。

バンクシーは2017年、ベツレヘムに、彼の作品で満ちた国境を見下ろすホテル “The Walled Off Hotel” をオープンした。

topics
Most Popular
Recommended

return to top