Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 石油からガスへと広がる価格下落

石油からガスへと広がる価格下落

23 May 2020
需要減にもかかわらず、欧州へのガス供給は減速していない。(ロイター通信)
需要減にもかかわらず、欧州へのガス供給は減速していない。(ロイター通信)
Short Url:
Updated 23 May 2020
23 May 2020

ロンドン:米国の原油価格が初めてマイナス圏に転落してからほぼ1ヶ月が経過したが、欧州のガス市場は、全体的な需要の低迷と在庫の急増により、欧州のガス価格が一桁台の低水準にまで押し下げられたことで、赤字に転落する見通しに直面している。

オランダと英国のガス価格は、新型コロナウイルスによるロックダウンや再生可能エネルギーの生産量の増加に伴う需要の低迷により急落しており、すでに供給過剰となり在庫スペースがほとんど残っていない市場の状況をさらに悪化させている。

欧州のベンチマークガス市場であるオランダのTTFハブでは、1 日先行価格が1メガワット時あたり2.50ユーロ(2.72ドル)と20%下落し、これは100万英熱単位(mmBtu)あたり1ドル未満に相当する。英国の即時価格は最大で30%下落した。

トレーダーの中には、先月のウェスト・テキサス・インターミディエイト(WTI)原油価格の同様の動きに続いて、欧州の短納期のガス契約がゼロになるか、あるいはマイナスになると予想する人もいる。その場合、売り主はガスを無料で提供しなければならない。

「貯蔵量が一杯になるまで供給がこれほど強いままであれば、需要側からの緩和の兆しがないため、ある時点で価格がマイナスになる可能性があります」と、ある欧州のガストレーダーは述べる。

「それが今日に起きるか来週に起きるかは、何とも言えません。今週末は需要が非常に少なく、供給が多いため、週末の価格はマイナスに近い状態になるかもしれません」と同トレーダーは付け加えた。

米国の原油とは異なり、英国のガス価格は以前にもマイナスで取引されたことがあり、2006年にノルウェーからのランゲレッド・パイプラインが初めて英国へのガス圧送を開始した後、ゼロ以下に下落した。当時も現在も、ガス貯蔵施設はほぼ満杯状態だ。

アナリストやトレーダーは、英国の唯一の長期貯蔵施設であるラフが2017年に閉鎖されたため、英国の即時価格がマイナスに転じるリスクが高くなっていると述べている。

供給過剰を相殺するには、需要の大幅な増加に加え、減産や大規模な停電が必要になるだろう。

コンサルティング会社WoodMackenzieの欧州ガス担当ディレクターであるマレー・ダグラス氏は、「(英国市場は)オランダのような大陸のハブほど多くの手段が残っていません」と述べる。

「価格は、英国の生産を停止するか、ノルウェーのフローをさらに減少させるような水準まで下落する必要があるかもしれません」

しかし、ガス田の操業停止を前倒しにすることは、高い廃炉費用をもたらすことになり、事業者は予算が逼迫している時期に、その経済性を検討する必要に迫られる。

世界最大の液化天然ガス(LNG)生産業者、欧州への主要な輸出業者であるカタール石油の最高経営責任者は金曜、需要の低迷を理由にガス輸出を削減することはないと述べている。

米国のヘンリーハブのガス価格は欧州のガスの底と見られてきたが、オランダのガスはすでにその水準を下回っている。

米国ヘンリーハブのガス価格は3月に1.52ドル/mmBtuまで下落し、1995年8月以来の最低水準となったが、その後は約12%回復している。

Refinitivのアナリストによると、欧州北西部の6月末までの貯蔵在庫は446テラワット時(TWh)と予想され、約500テラワット時の総容量を54テラワット時だけ下回っており、7月末までに貯蔵が一杯になるリスクが高くなっているという。

欧州価格の大幅な下落は、アジアのLNG価格にも悪影響を与えている。

アジアのスポットLNG価格は、過去2週間にわたって1mmBtuあたり2.40ドル前後まで上昇した後、今週末には下落し、金曜日の取引終了時にはS&Pグローバル・プラッツ・マーケットで1mmBtuあたり1.85ドルで取引された。

長年にわたる価格の低迷は、英国最大のエネルギー供給者であるブリティッシュ・ガスの所有者である英国のセントリカをはじめとする、複数のガス生産業者の収益に損害を与えてきた。中には、コスト削減のためにガス田の休止を余儀なくされた企業もある。

現在の価格水準では、これらのコストを消費者に転嫁することができない。

セントリカの利益は昨年、政府が一部のエネルギー料金に上限を設けたことと、天然ガス価格の下落が生産事業に与えた影響で、35%も落ち込んだ。

セントリカはコメントを求められてもすぐには返答できなかった。

VTBキャピタルの石油・ガス研究部門の責任者であるドミトリー・ルーカショフ氏は、「このような価格で黒字の営業利益を上げている地域のガス生産業者はいないと思います」と述べた。

ロイター通信

topics
Most Popular
Recommended

return to top