Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ソフトバンクG、資金調達「着実に」=孫氏が財務改善強調―株主総会

ソフトバンクG、資金調達「着実に」=孫氏が財務改善強調―株主総会

25 Jun 2020
23日には持ち分法適用会社の米携帯電話大手TモバイルUS株式の売却を発表し、最大201億ドル(約2兆1000億円)を調達する見通し。(AFP)
23日には持ち分法適用会社の米携帯電話大手TモバイルUS株式の売却を発表し、最大201億ドル(約2兆1000億円)を調達する見通し。(AFP)
Short Url:
Updated 25 Jun 2020
25 Jun 2020

ソフトバンクグループ(SBG)は25日、東京都内で定時株主総会を開いた。投資事業の不振で業績が落ち込み、財務改善のため総額4兆5000億円に上る資産売却を公表。孫正義会長兼社長は、このうち8割の調達にめどを付けたと強調し「残りも着実に実行していく」と語った。

総会では、孫氏ら計13人の取締役選任など議案全てが承認された。孫氏は株主からの質問にオンライン会議形式で回答。巨額の損失を懸念する声には「(新型コロナウイルス感染拡大の中で)SBGが保有する株式はあまり下がらず、むしろ上がっている」と主張した。 

運用資金10兆円超の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」の投資先の評価額が下落し、SBGの2020年3月期連結営業損益は1兆3646億円の赤字に陥った。同社は有利子負債の圧縮と自社株買いに向けた資産売却計画を策定。23日には持ち分法適用会社の米携帯電話大手TモバイルUS株式の売却を発表し、最大201億ドル(約2兆1000億円)を調達する見通し。

このほか、中国IT大手の阿里巴巴(アリババ)集団の株を使った資金調達なども決めており、調達見込み額は目標の8割に相当する計3兆6000億円となった。

JIJI Press

topics
Most Popular
Recommended

return to top