Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジ、減産の第2段階に関する合意を主導

サウジ、減産の第2段階に関する合意を主導

16 Jul 2020
アブドゥル・アジズ・ビン・サルマン王子は、サウジアラビアの夏季の1日あたりの消費量が50万バレル増加すると見積もっている。(サウジアラビアエネルギー省)
アブドゥル・アジズ・ビン・サルマン王子は、サウジアラビアの夏季の1日あたりの消費量が50万バレル増加すると見積もっている。(サウジアラビアエネルギー省)
Short Url:
Updated 17 Jul 2020
16 Jul 2020
  • サウジ主導の同盟は世界の原油市場を安定させた
  • 生産量は日量200万バレル増加する

フランク・ケイン

ドバイ:サウジアラビアとロシアが主導する国際的な石油同盟は2日、原油市場の安定を回復させた歴史的な生産量協定の第2段階について全会一致で合意した。

生産量は日量 200 万バレル増加し、その大部分は OPEC+諸国の経済回復と夏場の国内エネルギー消費の増加に伴い、それらの国で消費されることになる。

「需要面では、心強い改善の兆しが見られます。世界経済が再開しつつあります」と、サウジアラビアのエネルギー相であり、23カ国の同盟を監督する閣僚委員会の議長を務めるアブドゥル・アジズ・ビン・サルマン王子は次のように述べる。

「合意の次の段階に進むにつれ、予定されている減産緩和による余分な供給は、需要が回復基調を続ける中で消費されるでしょう」

大臣は内需が上昇し、パンデミックの制限が外国旅行を引き続き制限することで、サウジアラビアでは夏に一日あたり50万バレル消費量が増加すると推定した。同国の石油輸出量は8月になっても変わらない。

この合意は世界的な石油市場を安定させたと言われている4月の歴史的な減産の第二段階である。減産量は来月から年末にかけて、日量960万バレルから770万バレルに減らさる。

OPEC+は、6月の合意水準(加盟国が減産目標をどの程度遵守しているか)が95%を記録したと報告している。「33年間で95%を達成したことはなかったので、今日は祝賀ムードに包まれました」とアブドゥル・アジズ王子は語った。

サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、クウェートを含む一部の石油生産国は、必要以上に生産量を削減した。イラクやナイジェリアのように過去に同意水準に達していなかった国は、目標を達成し、夏季の更なる減産で過去の供給過剰を相殺することに取り組んでいる。

アブドゥル・アジズ王子は、世界経済がパンデミックから回復していく中で、需要は増加し続けるだろうと慎重に楽観視していた。「これは慎重かつ漸進的なプロセスであり、一部の場所では局所的または部分的なロックダウンがあるかもしれないが、回復の兆候は紛れもないものです」と彼は述べた。

ロシアのアレクサンダー・ノヴァク エネルギー相は彼のコメントに同調し、新たな生産水準は「正当なものであり、市場の動向に沿ったものです」と述べた。

topics
Most Popular
Recommended

return to top