Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • サウジアラビアとアゼルバイジャンが3億ドルの再生可能エネルギープロジェクトを締結

サウジアラビアとアゼルバイジャンが3億ドルの再生可能エネルギープロジェクトを締結

アゼルバイジャンのエネルギー大臣は、この合意は「アゼルバイジャンの事業環境に対する信頼の表れ」であると述べる。同国は、OPECプラス協定に基づいて、1日あたり60万バレル弱の原油を生産している。(AFP)
アゼルバイジャンのエネルギー大臣は、この合意は「アゼルバイジャンの事業環境に対する信頼の表れ」であると述べる。同国は、OPECプラス協定に基づいて、1日あたり60万バレル弱の原油を生産している。(AFP)
Short Url:
30 Dec 2020 07:12:58 GMT9
30 Dec 2020 07:12:58 GMT9
  • ACWA会長がマイルストーンを定め、王国のグリーンエネルギー、ハイテクプロファイルを後押しする合意が締結された

フランク・ケイン

ドバイ:サウジアラビアとアゼルバイジャンは、このカスピ海の国での3億ドル相当の再生可能エネルギープロジェクトに関する画期的協定に署名した。

王国のエネルギーを主導する電力会社「ACWAパワー」は、地元事業体と協力し、アゼルバイジャン初の風力発電所の開発を行う3つの合意を行い、これは両国間のさらなる共同エネルギープロジェクトの先駆となり得る。

バーチャル調印式で、サウジアラビアのエネルギー大臣であるアブドゥル・アジズ・ビン・サルマン王子は、この協力は王国とアゼルバイジャン間の「長年の外交的および経済的関係」の前進した例であると述べた。

「サウジアラビアは、再生可能エネルギーへの行程を支援することで、アゼルバイジャンの将来的成長発展のパートナーになることを嬉しく思う。このプロジェクトは、サウジの専門知識と能力により可能になったと自負する」と王子は述べた。

「『ACWAパワー』はサウジアラビアのエネルギー企業の国内チャンピオンであり、この戦略的に重要な開発をアゼルバイジャンが実現するのを支援するため、その経験と再生可能プロジェクトでの成功実績を活用する」と氏は付け加えた。 

「ACWA」は、Public Investment Fund(パブリック・インベストメント・ファンド)が50%所有し、国内および世界の再生可能エネルギー、およびハイテク淡水化プロセスにおける王国の取り組みの主要機関の1つである。

同社のモハメッド・アブナイヤン会長は、この合意は「アゼルバイジャンでの潜在的再生可能エネルギーの完全な実現に向けたマイルストーンであり、強力な一歩である」と述べた。

アブドゥル・アジズ王子は、最近のOPECプラス交渉において、原油供給の削減というアゼルバイジャンのコミットメントを賞賛した。「王国は、OPEC プラスの協力宣言の下、義務を果たす上でのアゼルバイジャンの役割と高いレベルでの遵守達成を高く評価する」と述べた。

アゼルバイジャンのエネルギー大臣であるパービッツ・シャフバゾフ氏は、この合意が「アゼルバイジャンの事業環境に対する信頼の表れであり、両国間の経済協力の次の段階を表す」と述べた。

アゼルバイジャンのアブシェロンとヒジ地域でのこのプロジェクトは、年間10億キロワット時の電力を生成し、220立方メートルのガスを節約し、年間4億トンの排出量削減に役立つとシャフバゾフ氏は推定している。

「サウジアラビアの他企業がACWAの例に倣い、アゼルバイジャンに投資すると確信している」と大臣は付け加えた。

アゼルバイジャンは、OPEC プラス協定に基づいて、1日あたり60万バレル弱の原油を生産しているが、ロシアや他の生産者の例に倣い、2月からさらにOPECプラスの50万バレルの増加を支援したいと大臣は述べた。

特に人気
オススメ

return to top