Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジの非石油部門のビジネスは「過去1年で最高の水準」に急上昇

サウジの非石油部門のビジネスは「過去1年で最高の水準」に急上昇

IHS マークイットのエコノミスト、デビッド・オーウェン氏によると、サウジアラビアの非石油経済は回復への道を順調に歩んでいるという。(Shutterstock/ファイル写真)
IHS マークイットのエコノミスト、デビッド・オーウェン氏によると、サウジアラビアの非石油経済は回復への道を順調に歩んでいるという。(Shutterstock/ファイル写真)
Short Url:
06 Jan 2021 01:01:15 GMT9
06 Jan 2021 01:01:15 GMT9
  • 12月は値引きや国内市場の健全化によりセンチメントが上昇

アラブニュース

ジェッダ:最近の新規受注の急増は、サウジアラビアの非石油部門の景況がここ1年以上で最高レベルに上昇していることを意味している。

毎月発表される最新のIHSマークイット・サウジアラビア購買担当者指数(PMI)によると、12月の評価は57で、11月の54.7から上昇し、2019年11月以来の高水準となった。数値が50以上であれば、当該部門全体が改善していることを示している。

「サウジアラビアの非石油経済は回復への道を順調に歩んでいます」とIHSマークイットのエコノミスト、デビッド・オーウェン氏は言う。

「回答者によると、2020年の第4四半期には、他の主要国は第二波に苦しんでいるにもかかわらず、新型コロナウイルスの感染者数が減少したことが、企業活動を支援しています。一方、ワクチンの展開により、今後1年間に需要が強まるとの楽観的な見方が増えています」とオーウェン氏は付け加えた。

12月の伸びは新規事業が増加したことが要因となっているが、これは市場需要の改善や企業の値引きが進んだことによるものである。

新規受注は主に国内市場からの受注に牽引されたもので、海外からの輸出はわずかに増加しただけであった。調査回答者はまた、新規受注の仕事に加え、進行中のプロジェクトも好調であり、2020年12月の全体的な仕事量の増加につながっていると報告している。

「ネガティブな面としては、最新の景気拡大は12月の雇用の増加を裏付けるものではありませんでした。実際、企業が支出を投入資材へ回し、現在の生産能力でも新規および未処理の仕事をクリアすることができると考えたため、雇用はわずかに減少しました」とオーウェン氏は述べている。

受注は増加したものの、企業が新規顧客の獲得や年末に向けた在庫シフトのための値引きを行う傾向が増大したため、12月までの5か月間に見られた価格インフレは収まり始めている。

2021年に目を向けると、COVID-19のワクチンが世界的に承認されたことや、サウジアラビアでの景気情勢の回復が期待されるなど、今年に対する期待感は高い。

「センチメントの度合いは2020年を通じて最高レベルに上昇した」と報告書は述べている。

特に人気
オススメ

return to top