Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • SABICとKACSTが高性能な軽量素材開発の合意に署名

SABICとKACSTが高性能な軽量素材開発の合意に署名

合意はSABIC副会長でCEOのユースフ・アルブニャン氏、そしてKACSTの会長Anas Al-Faris博士達によりジェッダで水曜日に署名された。(提供)
合意はSABIC副会長でCEOのユースフ・アルブニャン氏、そしてKACSTの会長Anas Al-Faris博士達によりジェッダで水曜日に署名された。(提供)
Short Url:
11 Feb 2021 12:02:35 GMT9
11 Feb 2021 12:02:35 GMT9
  • SABICのCEOユースフ・アルブニャン氏: 王国の川下産業の需要に応えるべく、これらの高性能素材は全てサウジアラビア内で開発されます。
  • ユースフ・アルブニャン氏:この技術は温室効果ガスの排出を減少させることにより、持続可能性目標の実現に役立ちます。

アラブニュース

ドバイ:サウジ基礎産業公社(SABIC)とアブドゥルアジズ王立科学技術都市(KACST)が、より多くの地元産業を発展させるという王国の目標の一環として、高性能で軽量な素材の開発にむけた合意に署名した。

合意はSABIC副会長でCEOのユースフ・アルブニャン氏、そしてKACSTの会長Anas Al-Faris博士達によりジェッダで水曜日に署名された。

「この共同開発の試みは、協力と革新を通じて地元産業を促進するサウジビジョン2030の目的に戦略的に当てはまりるのです。王国の川下産業の需要に応えるべく、これらの高性能素材は全てサウジアラビア内で開発されます、」と記者声明内でアルブニャン氏が述べた。

「この技術は温室効果ガスの排出を減少させることで持続可能性目標の実現に役立ちます。軽量素材の使用により重量が減少するからです、」と彼は言った。

「この合意により私たちは、王国内で成長を続ける高機能素材利用の市場に役立ち、新規産業と川下産業の為に膨大な機会を生み出す事ができるようになります、」とAl-Faris博士は語った。

「私たちが現地調達率強化への貢献を目指すことで、結果として王国の経済を支え、これらの産業の競争力を強化します、」と彼は言った。

昨年、リヤドに本社を置くSABICは2030年までに世界で最大の石油化学企業となる事を目指していると語った。現在は世界レベルで三位に位置付けられている。

1976年に設立したSABICは世界的に33,000人もの従業員を抱えており、約50か国で活動している。現在同社には12,540件の世界特許申請があり、米国、欧州、中東、南アジアと北アジアでかなりの研究資源を所有している。

特に人気
オススメ

return to top