Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビアのエネルギー相は、OPECプラスへの継続的な注意を促す

サウジアラビアのエネルギー相は、OPECプラスへの継続的な注意を促す

2021年4月1日、サウジアラビアのエネルギー相は、OPEC プラスの産油国は慎重な姿勢を維持する必要があると述べた。(ロイター)
2021年4月1日、サウジアラビアのエネルギー相は、OPEC プラスの産油国は慎重な姿勢を維持する必要があると述べた。(ロイター)
Short Url:
02 Apr 2021 06:04:24 GMT9
02 Apr 2021 06:04:24 GMT9
  • アブドゥラジズ・ビン・サルマーン王子は、石油市場は「統率力が必要がある」と述べた
  • OPECプラスの会合は、世界市場に日量50万バレル増加するかどうかを検討している

フランク・ケイン

ドバイ:サウジアラビアのエネルギー相、アブドゥラジズ・ビン・サルマーン王子は、OPEC プラスの産油国に対し、来月の23ヵ国の石油生産量を決定するための閣僚級会合に先立ち注意を払うよう要請した。

同氏は、会合で各国の官僚に対し「回復の証拠が明らかになるまで、我々はこの慎重な姿勢を維持するべきである」と述べた。

同氏は、世界的な石油需要の回復は、経済成長へのパンデミックの打撃に直面して不均一であったとし、 「大部分は、市場は安定した状態にあり、株価は下落し続けている。米国や英国など、世界の一部の地域では、ワクチンの展開が非常に効果的であった。」と述べた。

同氏は「しかし、欧州圏では、感染率は上昇し続けており、各国は完全または部分的なロックダウンを再導入し、第3波と闘うために制限を拡大している」と付け加えた。

同氏は「2月に話したように、現在の、世界のさまざまな地域でさまざまなシナリオが展開されている状況で船を操縦するには統率力が必要である」と述べた。

また、合意されたOPEC プラスの供給水準へのコンプライアンスは先月113%であったと明らかにした。

サウジアラビアが1月に発表し実施してきた日量100万バレルの自主的削減を段階的に元の水準に戻すことを視野に入れており、会合は世界市場に日量50万バレル増加するかどうかを検討している。

OPECプラスの会合では、サウジアラビアと中東における最近のグリーンイニシアチブが称賛された。これは、気候変動に取り組む世界的な取り組みの重要な要素であると述べた。

特に人気
オススメ

return to top