Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • OPEC+が減産緩和に合意後、原油価格は下落

OPEC+が減産緩和に合意後、原油価格は下落

石油輸出国機構とロシアおよびその同盟国で構成されるOPEC+は、5月に日量35万バレルの減産を行うことで合意した。(提供/AFP)
石油輸出国機構とロシアおよびその同盟国で構成されるOPEC+は、5月に日量35万バレルの減産を行うことで合意した。(提供/AFP)
Short Url:
05 Apr 2021 07:04:59 GMT9
05 Apr 2021 07:04:59 GMT9
  • 今週、投資家は、2015年の核合意を復活させるための広範な交渉の一環として、ウィーンで行われるイランと米国の間接協議に注目している

シンガポール:OPEC+が先週、5月から7月の間に減産の一部を段階的に緩和することで合意したことを受けて、月曜日の原油価格は前場の強い上昇から一転して下落した。

ブレント原油先物(6月限)は、2時6分(GMT)時点で33セント(0.5%)下落の64.53ドル、米国ウエスト・テキサス・インターミディエイト(5月限)は25セント(0.4%)下落の61.20ドルだった。

木曜日には、投資家がOPEC+の決定によって需要主導の回復を確認したと見なしたことや、ジョー・バイデン米大統領が2兆ドル規模のインフラ投資計画を発表したことで楽観的な見方が広がったことから、両商品とも1バレルあたり2ドル以上の上昇となった。金曜日はイースター休暇のため、市場は休場となった。

石油輸出国機構とロシアおよびその同盟国で構成されるOPEC+は、5月に日量35万バレル、6月にさらに35万バレル、7月にさらに40万バレル程度の減産を行うことで合意した。

この決定は、米国の新政権がサウジアラビアに対し、需要の懸念があるにもかかわらず、消費者にとって安価なエネルギーを維持するよう要請した後に行われた。ヨーロッパの一部は依然としてロックダウンされており、日本は新たな新型コロナウイルス感染の波を抑えるために必要に応じて緊急措置を拡大する可能性がある。

木曜日の合意では、OPEC+は4月の日量700万バレル弱に対し、5月からは日量650万バレル強にまで削減することになる。

供給量の増加のほとんどは、世界最大の輸出国であるサウジアラビアからもたらされり。サウジアラビアは、7月までに追加の自主的な削減を段階的に行うと発表し、これにより日量100万バレルが追加されることになる。それに続いて、サウジアラムコは日曜日に5月分の公式販売価格(OSP)をアジア向けに引き上げた。

OCBCのエコノミストであるハウイー・リー氏は、「生産量の増加に続いてOSPも増加しているが、これは需要回復に対するEU圏の自信を示すものだろう」と述べている。

今週、投資家は、テヘランと世界の大国との間で締結された2015年の核合意を復活させるための広範な交渉の一環として、ウィーンで行われるイランと米国の間接協議に注目している。

会談に先立ち、イラン外務省は米国がすべての制裁を解除することを望み、「段階的」な規制緩和を拒否している。

ユーラシア大陸のアナリスト、ヘンリー・ローマ氏は、イラン産原油の販売制限を含む米国の制裁措置は、この協議が終了し、イランがコンプライアンスを回復するまでは解除されないと予想している。

「外交は何ヶ月も続き、核のコンプライアンスには3ヶ月もかかる可能性がある」と同氏は述べ、このような取引の実施と石油輸出の増加は2022年初頭にまで及ぶ可能性があると指摘している。

ロイター

特に人気
オススメ

return to top