Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • SABIC、王国内にプラスチック廃棄物を石油にする設備を検討

SABIC、王国内にプラスチック廃棄物を石油にする設備を検討

SABICは、プラスチック廃棄物から石油の一形態を生産する技術を検討している。(提供写真)
SABICは、プラスチック廃棄物から石油の一形態を生産する技術を検討している。(提供写真)
Short Url:
07 Apr 2021 01:04:10 GMT9
07 Apr 2021 01:04:10 GMT9
  • 熱分解油は、複数の用途に使用できる
  • 王国における「循環型経済」の活動の一環

ドバイ:SABICは循環型経済の推進の一環として、プラスチック廃棄物を石油の形態に変えようと検討している。

リヤドに本社を置く同社はまた、公的投資基金の一部門であるサウジアラビア投資リサイクル会社との初期契約書に署名し、同社初のケミカルリサイクルプロジェクトを立ち上げる計画を立てている。

熱分解油は、熱、冷却、および一般的な電力の生産など、複数の用途に使用できる。

「この戦略的協力は、サウジビジョン2030と連携し、王国の廃棄物管理の目標実現に貢献する私たちの取り組みに役立ちます」とSABICのYousef Al-Benyan副会長兼CEOは述べた。「この取り組みはさらに、環境やエネルギー、気候に焦点を当て、持続可能な未来を確かなものにする循環型炭素経済(CCE)に対する、サウジのG20議長国としての関与を強化します」と彼は付け加えた。

サウジアラビア投資リサイクル会社(SIRC)は、原料として使われる混合プラスチック廃棄物を、熱分解油に変えて使用することを目指している。

同社は、ケミカルリサイクル設備のために、都市固形廃棄物から得た原料を調達、収集、分類、および供給する。

特に人気
オススメ

return to top