Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 中国、数週間のうちに日本を抜き世界最大のLNG輸入国に、ICIS発表

中国、数週間のうちに日本を抜き世界最大のLNG輸入国に、ICIS発表

2021年の中国のLNG総需要量は8120万トン、日本の7520万トンを上回る見通し。(Shutterstock)
2021年の中国のLNG総需要量は8120万トン、日本の7520万トンを上回る見通し。(Shutterstock)
Short Url:
10 Jun 2021 03:06:22 GMT9
10 Jun 2021 03:06:22 GMT9

価格データおよび貨物追跡会社ICISエッジは6月9日(水曜日)、中国が液化天然ガス (LNG) の輸入を増やしており、今年、日本を抜いて世界最大のLNG輸入国となるという予測を発表した。

一部のアナリストは、2022年までこのような逆転が起こるとは予想していなかったが、中国の力強い経済回復、寒波、厳しい汚染対策により、汚染の少ない化石燃料の需要が高まったことから、過去12か月ベースで、かなり前倒しで世界最大のLNG輸入国になりそうだ。

日本は数十年にわたり世界最大のLNG輸入国だったが、中国が最大輸入国になることで、急拡大しているLNG市場は大きく変わりそうだ。LNGのガスを燃やして発電している日本のLNG輸入量は、長期的には減少している。

ICIS LNGエッジによると、2020年6月から2021年5月までの1年間、中国が7627万トンのLNGを輸入したのに対し、日本はそれをわずかに上回る7632万トン。

中国の2021年のLNG総需要量は8120万トン、日本の7520万トンを上回るだろうと見積もっている。

同社はまた、世界の輸出国から熱心に供給量を確保しようとしている中国の独立系の第二ティアのLNG輸入企業が、中国からの需要量は高いまま続くと予測していると、付け加えた。

中国は二酸化炭素排出量を削減しようとしており、石炭の半分しか二酸化炭素を排出しないLNGへの需要は高まっている。中国のエネルギーミックスに占める天然ガスのシェアは約10%で、石炭と石油に次いで三番目である。

一方日本は、2030年までに二酸化炭素排出量を約半分に削減することを目標にしているが、ここ数年で原子力発電所の再開が始まり、LNGの輸入量が減少している。

ICIS LNGエッジは、「中国の好調な景気動向、LNGやガスインフラへの規制や投資における政府の支援により、中国のLNG需要は長期にわたり成長する」と、注釈している。 

ロイター

topics
特に人気
オススメ

return to top