Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ACWA Power社、NEOMが進展する前に他の水素プロジェクトを開始することはない – CEOが語る

ACWA Power社、NEOMが進展する前に他の水素プロジェクトを開始することはない – CEOが語る

Short Url:
12 Sep 2021 05:09:57 GMT9
12 Sep 2021 05:09:57 GMT9
  • 「我々にとって重要なのは最初のプロジェクトを成功させて自信をつけ、それを再現できる能力とキャパシティを確保することです」とCEOは語る

サーシャ・アルマソウディ/ワエル・マーディ

リヤド:サウジアラビアの政府系ファンドが支援するエネルギー生産会社「ACWA Power」社は、水素市場に大きなチャンスがあると考えているが、「NEOM」(ネオム:サウジアラビアの巨大スマートシティ計画)およびエア・プロダクツ社との合弁事業が進展するまでは、しばらくの間、新たな水素プロジェクトをポートフォリオに加える予定はないとCEOが述べた。

同社CEO、パディ・パドマナサン氏は先週のアラブニュースのインタビューで「世界は私達の進む先に巨大なグリーン水素市場を予測しており、それは疑う余地はありません」と語った。

「我々にとって重要なのは最初のプロジェクトを成功させて自信をつけ、それを再現できる能力とキャパシティを確保することです」

エア・プロダクツ社、ACWA Power社およびNEOMは昨年、再生可能エネルギーを利用して水を加熱、1日あたり650トンの「グリーン水素」を製造するとともに、水素を世界市場に輸出するために年間120万トンの「グリーンアンモニア」を製造する、50億ドル規模の事業契約を締結した。NEOMで建設されるこのプロジェクトは、2025年に稼働予定だ。

「3社のパートナーシップにより、敷地の準備、エンジニアリング、デザインの開発など、膨大な作業が進行中です。この種のプロジェクトとして最初の事例となるので、時間をかけ、最適化したいと考えています」と語った。

パドマナサン氏によると、このベンチャー企業はすでにラザード(Lazard)社などのアドバイザーを起用して財務計画を立てており、その他にも多数の技術アドバイザーがいるという。

ロイターは以前関係筋の話として、サウジアラビアの石油大手アラムコの2019年の新規株式公開のアドバイザーを務めたラザード社が、今年初めに銀行にアプローチして、このプロジェクトに対する意欲を探っていると報じた。

特に人気
オススメ

return to top