Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジのファンドがACWAパワーの持ち株を50%に引き上げ

サウジのファンドがACWAパワーの持ち株を50%に引き上げ

モロッコのタンジール郊外のジベル・センドウクにあるACWAパワーの風車。2018年6月29日撮影。(ロイター)
モロッコのタンジール郊外のジベル・センドウクにあるACWAパワーの風車。2018年6月29日撮影。(ロイター)
Short Url:
20 Nov 2020 08:11:17 GMT9
20 Nov 2020 08:11:17 GMT9
  • ACWAパワーはIPOを計画している他、サウジアラビアの主要な紅海観光プロジェクトにおいて、再生可能電力をベースとした公益事業を構築・運営予定の合弁企業を主導している。
  • 3,600億ドルの資金を運用するPIFは2本柱の戦略を進めている。1つは国際的な投資ポートフォリオの構築、もう1つは国内のプロジェクトへの投資である。

カイロ/ドバイ:サウジアラビアの政府系ファンドである公共投資基金(PIF)が木曜、サウジアラビアの再生可能エネルギー分野を支援する動きの一環として、ACWAパワーの持ち株比率を33.6%から50%に引き上げたと発表した。

ACWAパワーは新規株式公開を計画している他、サウジアラビアの主要プロジェクトである紅海観光プロジェクトにおいて、再生可能電力をベースとした公益事業を構築・運営する予定の合弁企業を主導している。

「ACWAパワーは将来の経済成長の推進と多様化の両方で重要な役割を果たすと確信している。同時に、王国の人々に永続的な商業的利益も提供する」と、同ファンドは声明で述べた。

ACWAパワーの最高経営責任者は6月、ロイターに対し、同社が今年の新たな投資において、100億ドル以上の目標額を達成する見込みであると話した。コロナウィルスパンデミックはプロジェクトに対し「最小限の影響」しかなかったという。

2年前にIPOの計画を延期した同社は今でも計画していたIPO実現に尽力しているものの、その実行は適切なタイミングと市場の状況に左右されるだろうと、最高経営責任者のパディー・パドマナサンは述べた。

サウジPIFのヤセル・ルマイヤン総裁が昨年、ACWAパワーの持ち分を29.28%から40%に引き上げることを計画していると述べたため、PIFが持ち分を増やすことは予想されていた。

3,600億ドル相当の資金を運用するPIFは、2本柱の戦略を進めている。1つは国際的な投資ポートフォリオの構築で、もう1つがサウジアラビアの石油依存軽減を助けるプロジェクトへの国内投資だ。

今週の米国規制当局への提出書類によれば、PIFは第3四半期において上場投資信託(ETF)と株式を売却し、北米の株式へのエクスポージャーを30億ドル削減した。

ロイター

topics
特に人気
オススメ

return to top