Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • テクノロジーを駆使した革命、「サウジ・グリーン・イニシアティブ」

テクノロジーを駆使した革命、「サウジ・グリーン・イニシアティブ」

サウジアラビア・ジザン(Getty Images)
サウジアラビア・ジザン(Getty Images)
Short Url:
22 Oct 2021 11:10:24 GMT9
22 Oct 2021 11:10:24 GMT9
  • サウジ・グリーン・イニシアティブ(Saudi Green Initiative、SGI)のフォーラムが10月23日から24日までリヤドで開かれる
  • サウジアラビアでは計100億本の植樹が計画されている

ジョージ・チャールズ・ダーリー

リヤド:10月23日から24日までリヤドで開催されるサウジ・グリーン・イニシアティブは、石油を主要産業としてきたサウジアラビア経済がよりクリーンかつサステナブルな経済へと変革する同国の努力を示す歴史的な節目となるものだ。

(国土の3割を覆うこととなる)計100億本の植樹が計画されているだけでなく、SGIでは広大な保護区域が設定され、沿岸部の海洋生物を保護し、代替農法の利用を奨励することを目指している。この大きな変革においてカギとなるのは、サウジアラビアの緑化においてテクノロジーが果たす役割だ。

アグリテック分野の先駆者は、PIF傘下でサウジ発信の研究技術や革新技術の商業化に取り組む非営利団体リサーチ・プロダクツ・デベロップメント・カンパニー(RPDC)で技術主任を務めるナヒド・シドキ博士である。

シドキ博士はスタンフォード研究所の業務執行取締役を務めるなど、シリコンバレーで30年間勤務していた背景を持つロボット工学や人工知能(AI)の第一人者だ。

「SGIはクリーンな未来を作りだし、CO2排出を削減し、気候変動を食い止めることが可能になる素晴らしい構想です」とシドキ博士はアラブニュースに語った。同博士は「AIおよびロボット工学はここサウジアラビアにおいてのみならず、湾岸地域全域において重要な役割を果たすことができるのです」ともいう。

ところで、ハイテクが植樹・農作物栽培と一体どのように関係するのだろうか。その答えはSGIの構想の壮大さから一部垣間見ることができる。

「サウジアラビアのような国で100億本の植樹を行うためには、それらの木々をどのように管理し、向こう数十年にわたる長期間健康状態を維持するか、という課題に突き当たります。運任せにするわけにはいきません。最終的な目標を見出し、そこから逆算的に技術の開発・導入を実施しなければなりません。木々の植樹・管理・灌漑・収穫のサイクルはまるで閉ざされた生態系のようなのです」と博士はいう。

SGIが最も熟慮しなければならないのは、砂漠国家では非常に貴重な資源である水の利用(および誤用)についてだ。普通の灌漑方法には無駄が多い。


スマート・ダスト(賢い塵)

「センサーやデータ分析を活用して気候状況・土壌水分をチェックする賢く効率的な灌漑システムを通じて、AIは重要な役割を果たすことが可能です。すべての木、すべての植物に根周りの土壌環境をチェックするセンサーがついていたら、いつどれほどの水が必要か正確に判断できます」とシドキ博士は語る。

AIをもとにしたこのような解決法はすでに実用化されている。その例が農業に関わるすべての分野において、互いに交信し合い複雑なデータ収集や効率的な意思決定を可能にするナノ粒子「スマート・ダスト」だ。

「土地の健康状態管理もまた非常に重要です。農作物のライフサイクルのすべての段階において、ドローンはスプレーを正確に行うことを可能にし、受粉率を最大化します。同様のセンサー技術は家畜管理や農作物に対するスプレー、スマートな収穫に利用できます」とシドキ博士は述べる。

これらの技術は国内外における遺伝子工学の進歩と合わさり、じきにサウジアラビアの干上がった国土風景を青々としたオアシスが広がる農業大国のそれに変貌させるかもしれない。そうは言っても、サウジアラビアの緑化には環境の保護だけではなく飲用水の生成が必須となる。

現在サウジにおける淡水のおよそ6割は、汚染を引き起こす化石燃料に依存しエネルギーを大量に消費する海水の淡水化プラントによってまかなわれている。SGIはこれを持続不可能な手法とみているが、新しい淡水化濾過技術の開発が急ピッチで進んでおり、サウジアラビア王国は独占的グリーン技術の中心地としての立場を固め始めている。

「紅海ファーム(Red Sea Farm)」というRPDCが支援するプロジェクトでは、アブドラ王立科学技術大学(KAUST)の研究者グループが海水75%淡水25%を混ぜた水を使ったトマト栽培に成功している。この手法は実用可能であるとして9月の国連総会において認知・称賛された。

「スマート・テクノロジーを駆使して淡水化コストを削減することが目的です。太陽光エネルギーを使って淡水化することを想像してみてください。サウジアラビアの周囲を囲む海から無制限に淡水が得られるのです」とシドキ博士は語る。

SGIはより包括的なサウジアラビアの第4次産業革命(4th Industrial Revolution、4IR)の一環である。4IRとはAI、ロボット工学、モノのインターネット(IoT)、遺伝子工学、量子計算を組み合わせることにより物理的世界・デジタル世界・生物界の境界線をなくすことを指す。これは多彩な政府機関、PIF傘下組織(営利・非営利を含む)、学術機関、大企業、新興企業、中小企業が参加し、それぞれにおいて高度な協同を要する活動である。

「ロボット工学およびAIは社会のあらゆる分野において役割を果たすことになります。ここサウジアラビアにおいてはその能力を可能にするだけの公共資金・民間資金が共に十分あるのです」とシドキ博士は述べる。

技術革新は人材と教育が肝となるが、この点についてもシドキ博士は楽観視している。「サウジアラビアの人口は3,500万人で、そのうち7割は25歳以下の若者です。上級学位を持つ人口の割合は他国と比較すると非常に高いです。博士課程を修了した人の割合でいえば、サウジアラビアはおそらく地域1位でしょう」と博士は語った。

サウジアラビアは多大な努力と想像力を要する大きな変革の時を迎えている。

「人々の日常生活をより豊かにする新しいテクノロジーが無限にあります」とシドキ博士はいう。

「人が大きなインパクトを残すためには、情熱を持って物事に取り組み、どのように社会に貢献しているのかを認識しなければなりません。教育と情熱の組み合わせ、そしてそのインパクトこそ、社会が目的を達成するカギとなる、と私は考えます」

特に人気
オススメ

return to top