Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • OPECプラスが増産計画を維持、原油価格は1バレルあたり2ドル下落

OPECプラスが増産計画を維持、原油価格は1バレルあたり2ドル下落

Short Url:
03 Dec 2021 05:12:41 GMT9
03 Dec 2021 05:12:41 GMT9

アラブニュース

OPECプラスが1月に計画していた日量40万バレルの増産の維持を決めたと複数の関係筋が明らかにしたことを受けて、米国およびブレント原油は1バレルあたり2ドル下落した。ロイター通信が報じている。

OPECプラスとして知られる石油輸出国機構と非加盟産油国連合は、2日にビデオ会議を利用して開催された会合で、世界経済を支えるために原油のより迅速な増産を求める米国の要求に抵抗した。

しかし、2日午後に発表されたプレスリリースによると、この会議は引き続き「開催中」であるという。これは、次回予定されている1月4日の会議の前に決定を見直す可能性があることを意味している。

産油国は、供給過剰によって脆弱なエネルギー産業の回復を妨げたくないとしている。

現行の協定では、OPECプラスは毎月日量40万バレルの増産で合意しており、パンデミックにより需要が激減した2020年に合意した記録的減産を段階的に縮小している。

2日の会議は、米国やその他の主要消費国が、エネルギー価格の上昇を和らげるため、緊急用の原油備蓄を放出すると発表してから1週間後のことだ。

価格が大幅に下落した場合には、米国のジョー・バイデン政権は、放出のタイミングを調整する可能性があると、米国エネルギー省のデイビッド・ターク副長官が2日、ロイター通信に語った。

OPECプラスは、備蓄放出後の2022年第1四半期には、余剰生産能力がこれまでの予想の日量230万バレルから上昇して、日量300万バレルになると予想している。

topics
特に人気
オススメ

return to top