Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • サウジアラビアの変化は「実に意義深い」とリーマ王女がアラブ女性フォーラムで語る

サウジアラビアの変化は「実に意義深い」とリーマ王女がアラブ女性フォーラムで語る

Short Url:
18 May 2022 04:05:39 GMT9
18 May 2022 04:05:39 GMT9
  • アラブ女性フォーラムとトップCEOカンファレンス&アワードがビジネスリーダーたちを一堂に集める
  • 今週開催された2日間に渡るイベントは、パンデミックによる停滞期から2年ぶりの開催

ジャスミン・ベーガー

ドバイ:5月17日(火)、ドバイのパラッツォ・ベルサーチ・ホテルにおけるトップCEOカンファレンスの基調講演で、在米サウジアラビア大使リーマ・ビント・バンダル王女が「サウジアラビアには何百万人という才能と意欲に満ちた女性たちが祖国の成長に貢献したいと望んでいる」と語った。

トップCEOカンファレンス&アワードは、パンデミックを経て2年ぶりに対面で開催され、その冒頭でリーマ王女は動画を通し、サウジアラビアおよびアラブ世界では近年「サウジアラビアの女性たちにとって実に意義深い歴史的変化を経験してきた」と述べた。

「国家は才能ある国民の半分を単なる傍観者にしておく訳にはいかない、女性たちにも成長し変貌を遂げていただきたい」とリーマ王女は語り、こう続けた:「何百万人という才能と意欲に満ちた女性たちが祖国に貢献したいと望んでおり、こうした女性たちは我が国、アラブ世界、さらには世界全体の社会的・文化的・経済的進歩の鍵を握っている。

「サウジアラビアのビジネスリーダーとして、女性たちへの門戸がようやく開かれ始めたものの、門戸が開かれるだけでは十分ではないということに気がついた。女性たちは開かれた門戸を生かすための準備ができていなければならなかった。私たちは彼女たちにそのための技能を身に付けさせる必要がある」

リーマ王女は同イベントのCEO ジュリアン・ハワリ氏に、この講演の機会を与えられたことへの感謝を述べ、サウジアラビアが進歩を遂げる中で立ちはだかる不測の事態への戦略や、経済の多角化計画、環境維持、性別多様性などに対する同国の計画について話をした。

彼女はトップCEOカンファレンスについて、「非常に優れたビジネスリーダーたち」を一堂に集めるイベントであると述べた。

さらに、サウジアラビアがコロナウィルスのパンデミックに直面した際、必要な公衆衛生および経済的安全対策に率先して取り組んできたことを評価した。

その結果として、同国は今やグローバルリーダーにふさわしい存在となっており、同国における多くのアラブ人が教育あるテクノロジーに長けた若い人々であること、又それによってテクノロジーとイノベーションを中心に同国の市場が成長を遂げていることに言及した。

「ムハンマド・ビン・サルマン皇太子の主導によるサウジアラビア経済のための果敢な計画『ビジョン2030』のもとで、私たちはエネルギー依存からの多角化を目指しつつある。テクノロジーと持続可能な開発に注力し、誰にとってもインクルーシブな社会を築き、若い起業家たちに機会を開放している」と彼女は語った。

リーマ王女によると、サウジアラビアは7年以上前に変革への取り組みを開始し、今なお変革は続いているという。

「今後は仕切り直しというよりもむしろ再出発という意味合いが強くなるだろう」と彼女はいう。「一つには、近年サウジアラビアの女性たちにとって実に意義深い歴史的変化が起きているからだ」とリーマ王女は述べた。

そして、彼女自身がサウジアラビアの小売業者のCEO を務めていた頃、その企業が同国で初めて保育所を提供した職場であり、当時では前代未聞のことであったことを振り返った。

「サウジアラビアでは、世の中の変化を目にしただけではなく、まさにその変化を日々体験してきた。女性に職場を開放すること、そして単に男女平等と公平を奨励・促進するだけでなく、そのための具体的なプランを持つことがいかに重要であるかを理解している。門戸が開かれたとしても、女性たちにそのための準備をさせるだけでなく、彼女たちを前向きに迎え入れる必要があるからだ」と彼女は語る。

さらにリーマ王女は、女性たちが職場の戦力となれるようにトレーニングや財務管理のコースを提供して積極的な働きかけをおこなっている。

彼女は聴衆に対し、サウジアラビアでは高等教育の学位を持つ女性の数が男性を上回っていること、そして女性たちがわずか一世代のうちで果敢にも職場への進出を遂げ、世界の注目を浴びていることにも言及した。Apple社は最近リヤドに女性向けのコーディングスクールを開設しており、女性の職場進出の機会は飛躍的に増している。

サウジアラビアは大きな進歩を遂げてきたが、今なお多くの課題が残されているとリーマ王女は語る。そして、サウジアラビアはこれからも再生可能で持続可能なテクノロジーに基づく環境保護イニシアチブを優先的に推し進め、強力な民間部門を育むと同時に、より回復力のある公的部門を構築していく必要があると述べた。

「私たちはイノベーションを擁護し、若い人たちが親たちの世代よりも明るい未来を持てるような環境を作り出すことでインクルージョンを推進しつつ、『仕切り直し』を 行った。そしてそれこそが未来のあるべき姿だ。その未来は、国民全員の創造性や創意工夫を原動力とし、多様性のあるインクルーシブな職場を重視して、誰もが参加・貢献できる革新的・創造的生態系を作り出すことをサポートするビジネスリーダーらを報いながら、共に助け合って構築していくべきものだ」と締めくくった。

  • アラブニュースはアラブ女性フォーラムとトップCEO カンファレンス&アワードのメディアパートナーです
特に人気
オススメ

return to top