Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 日本が米国企業の半導体製造を支援するために最大で3億2000万ドルを支出

日本が米国企業の半導体製造を支援するために最大で3億2000万ドルを支出

日本がマイクロン・テクノロジーに補助金を提供すると発表されたのは、米国のカマラ・ハリス副大統領が来日した直後のことであった。(Shutterstock)
日本がマイクロン・テクノロジーに補助金を提供すると発表されたのは、米国のカマラ・ハリス副大統領が来日した直後のことであった。(Shutterstock)
Short Url:
30 Sep 2022 04:09:45 GMT9
30 Sep 2022 04:09:45 GMT9

東京:日本がアメリカの大手半導体製造企業に対して最大466億円(3億2200万ドル)の補助金を提供し、広島県の工場にて先端メモリー半導体の生産を行う同社の計画を支援すると、日本の経済産業相が金曜日に述べた。

日本がマイクロン・テクノロジーに補助金を提供すると発表されたのは、米国のカマラ・ハリス副大統領が来日した直後のことであった。日米両国は重要な材料の製造および供給網を拡大するためにより緊密に協力しようとしている。

「この契約により、半導体部門にて日米両国の協力関係が更に深まることを期待している」と、日本の西村康稔経済産業相は述べた。

日本政府は経済安全保障に関連した法律にもとづき、この契約を金曜日に承認したと、西村大臣は述べている。

今週アジア地域を訪問していたハリス副大統領は、中国の影響力が強まる中で、半導体開発と製造を強化する取り組みにおいて更に協力関係を深めるべく、日本政府の高官や半導体企業の幹部らと面会していた。

ハリス副大統領との面会に参加していた企業が、東京エレクトロン、ニコン、日立ハイテクグループ、富士通、そしてマイクロンであった。

米国は日本、韓国、そして台湾との技術面での協力関係を強固にするための取り組みを行っている。その一方で、中国が独自に半導体分野への投資を行う中で、米国は国内での半導体の製造量を増加させようとしている。

西村大臣は半導体分野のみならず、エネルギーやその他の分野における日米の協力関係を強調した。

日本はかつて半導体製造でトップに君臨した国であったが、その地位もこの20年の間に損なわれてしまい、日本は他国に後れを取ることにますます不安を抱いている。

日本は半導体製造を支援するための独自の基金を設立している。合計43億ドルのうち、33億ドルが日本南部にある熊本県に新工場を建設するための補助金として提供されている。

AP

特に人気
オススメ

return to top