Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • エジプトで開幕されたCOP27にジャパンパビリオンが出展

エジプトで開幕されたCOP27にジャパンパビリオンが出展

Short Url:
10 Nov 2022 06:11:28 GMT9
10 Nov 2022 06:11:28 GMT9

アラシュード・アブドラ

エジプト、 シャルム・エル・シェイク:2022 年 11 月 6 日から 11 月 18 日まで、エジプトのシャルム・エル・シェイクで地球温暖化対策を議論する国際会議「COP27」(国連の気候変動枠組み条約第27回締約国会議)が開催されている。日本は気候変動対策の長期目標である「2050年までのカーボンニュートラル化」について、展示とセミナーを伴った日本館を“世界へのソリューション”をテーマに出展した。

パリ協定の気温目標を達成し、2050 年までにカーボン ニュートラルを実現するには、日本は2030年までに温室効果ガス排出量を46%削減することを目指しており、その挑戦において精力的な努力を続けている。

日本館はこの重要な 10 年間に行動を加速する緊急性に留意し、

(1) 温室効果ガス排出量を直接削減する

(2) 不可避的に排出されるCO₂を資源として活用、再利用する

(3)悪影響を最小限に抑える

ための日本の最先端技術を、世界中のあらゆる場所で実装できるよう、各国のさまざまな状況やニーズに応じたソリューションとして発信している。

ジャパンパビリオンでは、環境省、農林水産省、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、 株式会社スペースクール、大成建設株式会社、東芝エネルギーシステムソリューション株式会社、三菱重工業株式会社、JFEエンジニアリング株式会社、日揮ホールディングス株式会社、パナソニックホールディングス株式会社、 日立製作所、震災と原発事故から11年を迎えた福島の「今」と、環境再生の取り組み、再生可能エネルギーを活用した未来の再生計画についても紹介する福島再生推進室 計画者が参加出展した。

topics
特に人気
オススメ

return to top