Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • サウジアラビアのエネルギー相、増産協議を否定

サウジアラビアのエネルギー相、増産協議を否定

オーストリアのウィーンでの記者会見で撮影されたサウジアラビアのエネルギー大臣、アブドルアジーズ・ビン・サルマン王子。(ファイル/AFP)
オーストリアのウィーンでの記者会見で撮影されたサウジアラビアのエネルギー大臣、アブドルアジーズ・ビン・サルマン王子。(ファイル/AFP)
Short Url:
22 Nov 2022 02:11:23 GMT9
22 Nov 2022 02:11:23 GMT9
  • アブドルアジーズ・エネルギー相「日量200万バレルの減産というOPECプラスの決定は2023年末まで継続される」
  • UAEエネルギー相「UAEは石油市場の均衡を図るというOPECプラスの目標に引き続きコミットする」

アラブニュース

リヤド:サウジアラビアのエネルギー大臣、アブドルアジーズ・ビン・サルマン王子は、同国が現在、他のOPECプラス加盟国と日量50万バレルの増産を協議しているとする最近の報道を否定した。

サウジ通信社によると、同相は、OPECプラスが会議に先立ち、いかなる決定も議論しないことは周知の事実だと付け加えた。

アブドルアジーズ王子は、日量200万バレルの減産というOPECプラスの決定は、2023年末まで継続されると述べた。

アブドルアジーズ王子は「需要と供給のバランスを取り戻すために、さらなる減産措置を講じる必要があれば、いつでも介入する用意がある」と述べている。

一方、UAEのスハイル・ムハンマド・アル・マズルーイ・エネルギー・インフラ相も、UAEが「2023年末まで有効な前回の合意を変更するために他のOPECプラス加盟国と何らかの議論を行っている」ことを否定した。

「UAEは石油市場の均衡を図るというOPECプラスの目標に引き続きコミットしており、その目標を達成するためのいかなる決定も支持する」と同相は述べている。

特に人気
オススメ

return to top