Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 空っぽの日本のスタジアムでもうすぐ拍手の音が聞けるかもしれない―アプリを使って

空っぽの日本のスタジアムでもうすぐ拍手の音が聞けるかもしれない―アプリを使って

27 May 2020
日本のサッカーのJリーグは新型コロナウイルス拡散を防ぐため空のスタンドでシーズンを再開する準備ができている。(AP)
日本のサッカーのJリーグは新型コロナウイルス拡散を防ぐため空のスタンドでシーズンを再開する準備ができている。(AP)
Short Url:
Updated 27 May 2020
27 May 2020

日本の新しいスマートフォンアプリは、コロナウイルスにより無観客となる試合での雰囲気づくりを狙い、ファンがスポーツスタジアムにバーチャルな歓声、あるいはブーイングを送ることを可能にする。

楽器メーカーのヤマハは、このリモート応援システムではユーザーがアプリ上のボタンをタップすることでグラウンド内に置かれた数十基のスピーカーから歓声を送れるようになると述べた。

イベント主催者はさまざまなタイプの歓声や罵声を事前に設定し、ボタンを押すユーザーの数に応じて激しさレベルを変更することができる。ゴールやホームランが決まったときに大歓声を再現することを目指すものだ。

現地での観戦が許可されている場合も、ファンはコロナウイルスを含む可能性のあるしぶきが叫び声により空中に飛ぶことを防ぐためにアプリを使用することができる。

ユーザーは自分で選んだ歓声や罵声を送るスタジアムの側を選ぶことができ、指定されたユーザーだけが参加できるチャントへのリモート参加も可能だ。

同社は当初、今年後半にアプリを立ち上げる予定だったが、コロナウイルスによりスポーツイベントがキャンセルや無観客プレイを余儀なくされたことを受け、開発を加速した。

ヤマハは、最近51,000席のスタジアムでシステムテストを行ったところ、観客動員時と同様の音を生み出せたとしている。

同社はエコパスタジアムに58基のスピーカーを配備し、サッカーチームのジュビロ磐田と清水エスパルスの関係者を招いて、リモートの歓声とブーイングを送った。

「このシステムを使ってファンやサポーターが近くにいるように感じさせることで現場の選手を励ますことができると感じています」と、ジュビロの事業戦略社員の柳原弘味氏はヤマハを通じて出された声明の中で述べた。

ヤマハの広報担当新川兼司氏は、同アプリは他のイベントにも使用でき、複数の分野から問い合わせを受けていると語った。

「これは音楽コンサート、劇場、お笑いのショーなどでも使用できます。特にお笑いでは、観客の反応が不可欠です」と新川氏は述べた。

安倍晋三首相は最近全国の非常事態宣言を解除したが、それでも主要なイベントの主催者には新たな感染を防ぐため注意を払うよう促している。

日本のプロ野球チームは当初のスケジュールより3ヶ月遅れとなる6月から無観客で新シーズンを開始する準備をしている。

サッカーのJリーグは2月にシーズンを開始したのち1週間後に中断しており、国内メディアは6月下旬または7月上旬のシーズン再開を予測し、初期の試合は無観客で行われる可能性が高いと見ている。

AFP

Most Popular
Recommended

return to top