Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • コロナに対する恐怖の中、東京の怖がらせ隊がドライブインお化け屋敷を開催

コロナに対する恐怖の中、東京の怖がらせ隊がドライブインお化け屋敷を開催

04 Jul 2020
2020年7月3日、日本の東京のガレージで、コロナウイルスが感染拡大する中、社会的距離を保つために車の中にいる人たちのための、怖がらせ隊によるドライブインお化け屋敷の前にメイクをする、ゾンビや悪鬼の格好をした俳優たち。(ロイター)
2020年7月3日、日本の東京のガレージで、コロナウイルスが感染拡大する中、社会的距離を保つために車の中にいる人たちのための、怖がらせ隊によるドライブインお化け屋敷の前にメイクをする、ゾンビや悪鬼の格好をした俳優たち。(ロイター)
2020年7月3日、日本の東京のガレージで、コロナウイルスが感染拡大する中、社会的距離を保つために車の中にいる人たちのための、怖がらせ隊によるドライブインお化け屋敷の出番の前にゾンビの化粧をしている俳優の今出彩賀さん。(ロイター)
2020年7月3日、日本の東京のガレージで、コロナウイルスが感染拡大する中、社会的距離を保つために車の中にいる人たちのための、怖がらせ隊によるドライブインお化け屋敷の出番の前にゾンビの化粧をしている俳優の今出彩賀さん。(ロイター)
 2020年7月3日、日本の東京のガレージで、コロナウイルスが感染拡大する中、社会的距離を保つために車の中にいる人たちのための、怖がらせ隊によるドライブインお化け屋敷でパフォーマンスを行う、ゾンビや悪鬼の格好をした俳優たち。(ロイター)
2020年7月3日、日本の東京のガレージで、コロナウイルスが感染拡大する中、社会的距離を保つために車の中にいる人たちのための、怖がらせ隊によるドライブインお化け屋敷でパフォーマンスを行う、ゾンビや悪鬼の格好をした俳優たち。(ロイター)
2020年7月3日、日本の東京のガレージで、コロナウイルスが感染拡大する中、社会的距離を保つために車の中にいる人たちのための、怖がらせ隊によるドライブインお化け屋敷でパフォーマンスを行う、ゾンビの格好をした俳優。(ロイター)
2020年7月3日、日本の東京のガレージで、コロナウイルスが感染拡大する中、社会的距離を保つために車の中にいる人たちのための、怖がらせ隊によるドライブインお化け屋敷でパフォーマンスを行う、ゾンビの格好をした俳優。(ロイター)
Short Url:
Updated 04 Jul 2020
04 Jul 2020

東京:コロナウイルスに感染することを恐れていても、悪鬼やゾンビの恐怖に至近距離で襲われたい人たちのために、日本のパフォーマンス集団が、数日開催されるドライブインお化け屋敷を始める予定だ。

観客は、東京にあるガレージに車で一度に1台ずつ入り、殺人の話や、スピーカーから鳴り響く効果音を聴く。怪物の格好をした俳優たちが車の側面をたたき、窓に血のりを吹きかける。

パフォーマンス集団「怖がらせ隊」、雑に翻訳すると「scare squad」は、7月の週末と、できれば8月にも、1日に車11台分の人々を驚かせたい、とコーディネーターの岩名謙太さんは話した。

「各グループは体験料として、最高9000円(84ドル)を支払います」と岩名さんは付け加えた。ショーは、シャッターが上がって別のグループが入ってくるまで約15分間続き、車のない客は借りることができる。

パンデミックの前、怖がらせ隊はテーマパークで、通常の歩いて入るお化け屋敷を開催した。

しかし、会場が閉鎖され、人々が家にいたため、予約が入らなくなった。彼らは、ソーシャル・ディスタンスを取ったショーを試したが、演者は2メートル離れていなければならなかったため、「少し退屈」だったと岩名さんは話した。

「このドライブインで、私たちのお化け屋敷を体験できます。コロナウイルスがなくなっても続けるかもしれません」と岩名さんはロイター通信に話した。

日本はパンデミックの間、最も被害の大きかった国々よりもうまくいっており、政府は先月、バーやレストラン、その他の公共の場を閉鎖していた、医療に関わる緊急事態宣言を解除した。

しかし、東京の感染者数はこの1週間で増加し、1日の感染者数は木曜日と金曜日には100人を超えた。

ロイター

Most Popular
Recommended

return to top