Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 日本の野球の試合でファンの代わりに踊るロボット

日本の野球の試合でファンの代わりに踊るロボット

08 Jul 2020
日本の福岡で開催された地元ソフトバンクホークス対東北楽天ゴールデンイーグルスの野球の試合で、ソフトバンクの人間型ロボット、ペッパーとボストンダイナミクスのロボットは、空の観客席の横で地元チームを応援。 (ロイター)
日本の福岡で開催された地元ソフトバンクホークス対東北楽天ゴールデンイーグルスの野球の試合で、ソフトバンクの人間型ロボット、ペッパーとボストンダイナミクスのロボットは、空の観客席の横で地元チームを応援。 (ロイター)
Short Url:
Updated 08 Jul 2020
08 Jul 2020

東京:新型コロナウイルスの制限で無観客を強いられ、ファンが誰も入れないスタジアムで、日本のプロ野球チーム、福岡ソフトバンクホークスが想像力を働かせて、ファンの身代わりを早速披露した:ダンシングロボットの登場である。

火曜日に行われた、最新の日本プロ野球(NPB)の試合、対楽天イーグルス戦のゲーム前に、20体以上のロボットが、空のスタンドの特設スタジアムでチームの応援歌を熱唱し、踊りました。

ソフトバンクの人間型ロボット「ペッパー」と犬に似た4本足のロボットの2つの異なるロボットが、4万人収容の福岡ドームで、試合前にホークスのファンによって通常行われる振付ダンスで、見事なスタンプとシミーを見せた。

一部のロボットは、ホークスのチーム帽を被り、チームの旗を振って、応援した。

ソーシャルメディア上では、ファンは、さまざまな反応を示した。「まるで世も末のような光景だ」とあるツイッターのユーザーが書き込めば、パフォーマンスを「めちゃくちゃ楽しい」と言う人もいた。

支援ロボットの応援に後押しされたホークスは、2019年のNPB優勝のタイトルを守るべく、4対3で勝利を収めた。

今シーズンの日本のプロ野球(NPB)は、新型コロナウイルスによるパンデミックの影響で、例年より3ヵ月も遅い6月19日に開幕したが、現在、各チームのファンの試合観戦は認められていない。

ただ、金曜日からは、規制の緩和により、最大5,000人のファンがプロ野球やサッカーの試合を観戦できるようになる。

ロイター

topics
Most Popular
Recommended

return to top