Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ドナルド・トランプ氏、2度目の弾劾につながる不祥事容疑に直面

ドナルド・トランプ氏、2度目の弾劾につながる不祥事容疑に直面

ワシントンで、2020年の米大統領選挙の結果認定を争う集会で、支持者に向けて演説するドナルド・トランプ米大統領の姿がスクリーンに映し出されている。(ロイター/ファイル 写真)
ワシントンで、2020年の米大統領選挙の結果認定を争う集会で、支持者に向けて演説するドナルド・トランプ米大統領の姿がスクリーンに映し出されている。(ロイター/ファイル 写真)
Short Url:
09 Jan 2021 11:01:31 GMT9
09 Jan 2021 11:01:31 GMT9
  • 選挙不正の虚偽主張と議会への行進を促したことに憤る政治エリート
  • 水曜日に支持者が米国議会議事堂を襲撃

ワシントン:米国議会の民主党は、月曜日に、ドナルド・トランプ大統領の2度目の弾劾につながる可能性のある不正行為の告発を行う計画だという。この件に詳しい2つの情報筋は、支持者らは彼の選挙不正の虚偽の主張と議会への行進の促しに扇動され、米国の国会議事堂を襲撃したのだと語った。

以下は、トランプ氏の2度目の弾劾手続きがどのようなものになるかについての簡単な説明である。

弾劾はどのように機能するのか?

弾劾についての誤解は、弾劾とは大統領を罷免することだということ。実際には、弾劾とは、大統領が刑事事件の起訴に似た「重大な犯罪や軽犯罪」に関与したとして、米国議会の下院が告発することのみを指す。

下院の435人の議員の単純過半数が告発を承認した場合、「弾劾条項」と呼ばれる手続きが裁判を行う上院に移る。憲法では、大統領を有罪にして罷免するには上院の3分の2以上の賛成が必要としている。

トランプ氏は将来の公職に就く資格を失うのか?

失うことになる。弾劾が行われた場合にどうなるかは憲法に明記されている。

歴史的な2つの判例、いずれも連邦裁判官を巻き込んだものによれば、トランプ氏の将来の公職失格には上院の単純過半数が必要である。法律の専門家は、この低い基準は、1月下旬に上院の支配権を握る民主党が、これまで可能性として議論されてきた2024年のトランプ氏の大統領選出馬を阻止する可能性が現実的にでてきたことを意味すると述べた。

しかし、その計画における1つの複雑な点は、上院の前例の下では、失脚に関する投票は、有罪判決が下され罷免するかどうかの投票が終わった後にのみ行われるということである。

コロラド大学の法学部教授であるポール・カンポス氏は、上院には将来の失脚についてのみ投票する権限があると述べた。トランプ氏の大統領職が終了する1月20日に弾劾裁判がまだ係争中であればこのシナリオの可能性が高くなる、とカンポス氏は述べた。

では、トランプ氏は退陣後に弾劾される可能性があるのだろうか?

この問題については、まだどの裁判所も決定的な判決を下していないが、多くの学者が、将来の公職資格を失うことは潜在的なペナルティとして残るため、トランプ氏が離職しても弾劾訴追の手続きが無効になることはないだろうと考えている。

米国の大統領が二度も弾劾されたことはあるのか?

過去にはないものの、法律の専門家は議会が弾劾することは明確に合憲だと述べている。

トランプ氏は2019年12月に民主党主導の下院で、政治的なライバルであるジョー・バイデン氏(現次期大統領)に関するウクライナとの取引を巡って、権力の乱用と議会の妨害の罪で弾劾された。トランプ氏は2020年2月に共和党主導の上院で無罪となった。

トランプ氏はどのくらいの素早く弾劾され、罷免されるのだろうか?

弾劾の専門家によると、両院にはルールを設定するための幅広い裁量権があるので、理論的には、それは非常に迅速に、たとえ数日以内にでも行うことができるという。しかし、現行のルールは見直される可能性があり、1週間以内に手続きを完了させることは難しい、とカンポス氏は述べた。

「これは早く完了するかもしれない」と、ブラウン大学の政治学教授であるコリー・ブレッチシュナイダー氏は言う。

「弾劾の特徴の一つは、デュー・プロセスの要件がなく、裁判所からの監視がないことだ。」とも述べた。

トランプ氏が告発される可能性のある「高犯罪・軽犯罪」とは?

議員の間で流通している対策の原稿は、2020年の大統領選挙でバイデン氏に敗北したことを覆すために、トランプ氏が「米国政府に対する暴力を扇動した」と告発している。

その記事はまた、トランプ氏が先週、ジョージア州のブラッド・ラッフェンスペルガー国務長官と1時間に及ぶ電話において、トランプ氏が同州でのバイデン氏の勝利を覆すのに十分な票を「見つける」よう同長官に依頼したことも引用している。

特に人気
オススメ

return to top