Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • サウジ副国防相:フーシ派が和平プロセスに取り組むためには国連、国際社会の圧力が必要

サウジ副国防相:フーシ派が和平プロセスに取り組むためには国連、国際社会の圧力が必要

サウジアラビア副国防相のハーリド・ビン・サルマン王子のファイル写真。 (AFP)
サウジアラビア副国防相のハーリド・ビン・サルマン王子のファイル写真。 (AFP)
Short Url:
21 May 2022 09:05:06 GMT9
21 May 2022 09:05:06 GMT9
  • 2カ月の停戦は、4月2日にイエメン全土で発効した

アラブニュース

リヤド:タイズでの紛争と、フーシ派民兵グループに圧力をかけるための国連支持による和平提案の必要性について話し合うため、サウジアラビアの副国防相がワシントンでイエメンの米国特使と面会

ハーリド・ビン・サルマン王子は、土曜日に自身の公式ツイッターアカウントに投稿した声明の中で、「サウジ主導の連合軍によるイエメン大統領指導評議会支持」をティモシー・レンダーキング特使に確認したと述べた。

声明には、「停戦の勢いは依然として強いが、フーシ派がタイズの道路を再開し、フダイダの港湾収入を預託し、和平提案に取り組むよう、国連と国際社会が圧力をかける必要があることを再確認した」と付け加えられた。

ハーリド王子はまた、サウジアラビアの「イエメンを平和と繁栄に導く、危機に対する包括的な政治的解決達成への願望」を繰り返し述べた。

4月2日に発効した2カ月間の停戦は、全土における敵対行為を停止し、サヌア国際空港の再開、フダイダでの燃料船入港を可能にし、タイズやその他多くの州の道路開放を目的としている。

特に人気
オススメ

return to top