Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • イエメンのフーシ派支配下の拘置所での甚大な火災に対し、移民側が国際的調査を要求

イエメンのフーシ派支配下の拘置所での甚大な火災に対し、移民側が国際的調査を要求

2021年3月13日、先週末に拘置所での火災発生後、イエメンのアフリカのコミュニティを代表するメンバーが集まり、首都サナアの国際移民組織の事務所の前で会談した。(AFP)
2021年3月13日、先週末に拘置所での火災発生後、イエメンのアフリカのコミュニティを代表するメンバーが集まり、首都サナアの国際移民組織の事務所の前で会談した。(AFP)
Short Url:
14 Mar 2021 12:03:37 GMT9
14 Mar 2021 12:03:37 GMT9
  • 日曜日の火災発生時、約900人の移民が施設に拘留されていた
  • フーシ派は、国連移民局が病院で負傷した移民に面会するのを妨害した

カイロ:土曜日にイエメン首都の移民コミュニティのリーダーは、先週拘置所を崩壊させ、少なくとも44人、主にエチオピアの移民が死亡した火災の国際的調査を要求した。

サナアでの記者会見で、エチオピアのコミュニティを率いるオスマン・ギルト氏は、援助機関がイエメンに所在する国連と同様に、首都を支配するフーシ派による「過失」を非難した。火事により200人以上が負傷したと氏は述べた。

国際移住機関によると、日曜日の火災発生時、主にエチオピアからの約900人の移民が施設に拘留されていた(倉庫内の350人を含む)。 移民は施設の定員の3倍だったと付け加えた。

金曜日、厳戒態勢下、少なくとも43人の死者がサナア墓地に埋葬された。主要なモスクの葬儀場から遺体を運ぶ救急車が到着し、移民コミュニティの女性が泣き叫んでいるのが見られた。

サナアのスーダン人コミュニティの責任者アブダラ・アル・レイティ氏は、死者の多くは身分証明書が不足しており、身元を特定できなかったと述べた。多くが火災前の書類に「本名を届けていなかった」と付け加えた。

フーシ派からの即時のコメントはなかった。

イエメンの国連移民局広報官であるオリビア・ヘッドン氏は、国連移民局は惨事の責任者に責任を問うよう要求したと述べた。

「当局は火事の犠牲者側に立っている。移民はイエメンで一層多くの保護と支援を緊急に必要としている。さもなければ、移民が苦しみ、命が失われるのを見続けるだろう。この道筋への一歩は、火事の犠牲者とその家族へ恐ろしい事件後に十分な説明責任を保証することである」と氏は述べた。

生存者と地元の権利運動家によると、施設での虐待や酷使の疑いに対する抗議を終わらせようとし、警備員が過密な倉庫に催涙ガスを発射した際に甚大な炎が噴出した。

イランが支援するフーシ民兵組織は、火災の原因を説明せず、抗議についての言及や最終的な死傷者の報告をしなかった。調査が開始されたと伝えたが、結論は発表されていない。フーシ派はまた、国連移民局が病院で負傷した移民に面会するのを妨害したと同局は述べた。

2019年に約138,000人の移民が「アフリカの角」からイエメンへの困難な移動に乗り出したが、コロナウイルス蔓延により、昨年は37,000人に急落した。IOMによると、1月に2,500人以上の移民がジブチからイエメンに到着した。

AP

topics
特に人気
オススメ

return to top