Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • チップスがあちこちに:ウェイターがロボットのサウジアラビアのレストラン

チップスがあちこちに:ウェイターがロボットのサウジアラビアのレストラン

Short Url:
21 Apr 2021 05:04:32 GMT9
21 Apr 2021 05:04:32 GMT9
  • レストランのインテリアにセンサーが巧妙に設置されており、ロボットが動き回ってお客さまに料理を運ぶ

タレック・アル=タカフィ

メッカ:レストランで食事を注文したら、店員がチキンビリヤニの代わりにパスタサラダを持ってきた、という経験は誰にでもあるでしょう。

「ジャザン」のレストランロボットにそのような問題はありません。その名の通り、ウェイターは人間ではなく、高度な人工知能を搭載したロボットです。

中心地にあるこのレストランでは、6台のロボットアシスタントが、アジア料理のトレイをお客に運んでいます。これらのロボット導入の当初の狙いは、コロナウイルスの流行時に、人との接触を減らすことでしたが、今やお客さまの間で大好評です。

サウジアラビアの若手エンジニア、レハム・オマールが設計したロボットシステムでは、レストランのインテリアにセンサーが巧妙に設置されており、ロボットが移動してお客さまに料理を運ぶことができるようになっている。

「センサーのおかげで、ロボットは自分の近くに立っているものを感知し、それに応じて歩行を止めたり、ルートを変更したりします」とオマールはアラブニュースに語った。

「それぞれのロボットには、店内の配置図と各テーブルの位置がメモリにプログラムされています。ロボットが目的のテーブルに到着すると、お客様は料理を受け取り、ロボットに戻っても良いと指示することができます」

オマールは、他国の経験を参考にしながら、サウジアラビア政府による食品産業への支援を受けて、このアイデアを練り上げたという。

「小さなプロジェクトですが、お客さまはロボットを気に入ってくださり、このアイデアに感銘を受けており、私たちはこの成功を誇りに思っています」

「文化は常に変動しており、人々は今、生活の質を向上させることができる新しい技術を発見することを熱望しています」

特に人気
オススメ

return to top