Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • トーキョーバイクの新しい旗艦店が多目的スペースを提供

トーキョーバイクの新しい旗艦店が多目的スペースを提供

トーキョーバイクの旗艦店は、座って楽しめるスペースを顧客に提供することを目的に、とらふ建築設計事務所によって設計された。 (トーキョーバイク)
トーキョーバイクの旗艦店は、座って楽しめるスペースを顧客に提供することを目的に、とらふ建築設計事務所によって設計された。 (トーキョーバイク)
トーキョーバイクの旗艦店は、座って楽しめるスペースを顧客に提供することを目的に、とらふ建築設計事務所によって設計された。 (トーキョーバイク)
トーキョーバイクの旗艦店は、座って楽しめるスペースを顧客に提供することを目的に、とらふ建築設計事務所によって設計された。 (トーキョーバイク)
Short Url:
31 Jul 2021 05:07:38 GMT9
31 Jul 2021 05:07:38 GMT9

シャムズ・エル・ムトワリ

ドバイ:日本のブランド、トーキョーバイクが、清澄白河に、コーヒーショップと種苗店を兼ね、自転車を販売する旗艦店をオープンさせた。平日は12時から午後7時まで、週末は午後6時まで営業している。

客は1日1500円で自転車をレンタルするほか、メルボルンに拠点を置くブランド、ザ・プラント・ソサイエティの植物を購入し、アライズ・コーヒー・ロースターズで購入したコーヒーを飲むことができる。これら全てを1つの屋根の下で行うことが可能だ。

アライズ・コーヒー・ロースターズ

アライズ・コーヒー・ロースターズは、焙煎豆を販売し、ドリップコーヒーを専門としており、一方のザ・プラント・ソサイエティは、屋内植物、ガーデニング用品、培養土、プランター、トートバッグ、ホームウェアなどの幅広い商品を提供している。

トーキョーバイクの商品は、改装された倉庫の1階で利用でき、子ども向けの商品まで揃っている。

同ブランドは、人々の移動を助けることで顧客を幸せにするだけでなく、日々の生活に変化をもたらすツールにもなる商品を提供するという目的から設立されたと、公式ウェブサイトは綴っている。

同ブランドはまた、トーキョーバイクという名前が、東京をすいすいと移動できるような自転車設計のあり方をいかに表現しているのか、ウェブサイト上で紹介している。

特に人気
オススメ

return to top