Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ヨルダンのヒンディ選手世界記録更新、アラブ選手がパラリンピック砲丸投げを席巻

ヨルダンのヒンディ選手世界記録更新、アラブ選手がパラリンピック砲丸投げを席巻

ヨルダンのアハマド・アル・ヒンディ選手が12.25メートルを記録した。(資料/ヨルダン五輪委員会)
ヨルダンのアハマド・アル・ヒンディ選手が12.25メートルを記録した。(資料/ヨルダン五輪委員会)
Short Url:
04 Sep 2021 11:09:22 GMT9
04 Sep 2021 11:09:22 GMT9
  • 男子砲丸投げF34の銀メダルと銅メダルは、モロッコとカタールの選手がそれぞれ獲得し、女子砲丸投げF40ではチュニジアのヌールヘイン・ベルハジ・サレム選手が銀メダルを獲得した

アリ・カーレド

ヨルダンのアハマド・ヒンディ選手が4日午前、東京2020パラリンピック男子砲丸投げF34(脳性麻痺など)で自身の世界記録を更新し、金メダルを獲得した。

この日はアラブの選手たちが素晴らしい活躍を遂げ、アンマン出身25歳のヒンディ選手は12.25メートルという記録を出し、モロッコのアッズッディーン・ヌウェイリ選手が11.55メートルで銀、カタールのアブドゥルラフマン・フィキ選手が11.36メートルで銅を獲得した。

ヒンディ選手は、ドバイ2019世界パラ陸上競技選手権大会で12.17メートルというこれまでの記録を打ち立てていた。

女子砲丸投げF40 (低身長)では、チュニジアのヌールヘイン・ベルハジ・サレム選手が8.33メートルで銀メダルを獲得し、金メダルは8.75メートルのパラリンピック新記録を出したレナータ・シリビンスカ選手が獲得した。ナイジェリアのロリッタ・オニェ選手は8.29メートルで3位となった。

ベルハジ・サレム選手と同胞のラジャ・ジャバーリ選手とリーマ・アブデッリ選手は、それぞれ4位と5位を獲得した。

特に人気
オススメ

return to top