Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 東京、陸上競技世界選手権の開催候補地に

東京、陸上競技世界選手権の開催候補地に

2022年5月25日水曜日、東京で行われた会談前の記念撮影で、他の世界陸連メンバーに囲まれる、世界陸連のアンティ・ピラコスキ評価委員長(中央左)と、小池百合子東京都知事。(AP)
2022年5月25日水曜日、東京で行われた会談前の記念撮影で、他の世界陸連メンバーに囲まれる、世界陸連のアンティ・ピラコスキ評価委員長(中央左)と、小池百合子東京都知事。(AP)
Short Url:
26 May 2022 01:05:20 GMT9
26 May 2022 01:05:20 GMT9

東京:陸上競技世界選手権の会場としては、昨年のオリンピックのために日本政府が建設した14億ドルの東京国立競技場が検討されている。

陸上競技の統括団体である世界陸上競技連盟の視察団は、水曜日に小池百合子東京都知事と会談し、木曜日に競技場を視察する予定である。

オリンピックを避け2021年から延期された次の世界選手権は、7月にオレゴン州ユージーンで開催される予定だ。2023年にはハンガリーのブダペストが開催地として決定している。

2025年は東京開催が有力視されるだろう。その決定は7月になるとみられる。2027年の開催地もまだ未決定だ。

視察団のアンティ・ピラコスキ委員長は、東京を賞賛した。しかし、都庁で行われた短い写真撮影の場では、彼も小池氏も質問を受けることはなかった。

ピラコスキ氏は、世界陸連には2025年の開催候補都市が4カ所あると述べた。同氏は名前を挙げなかったものの、東京、ケニアの首都ナイロビ、シンガポール、そしてポーランドの会場であると報道されている。

「私は、新型コロナウイルスの中で(オリンピック)大会を組織し、そして、非常に素晴らしい形でそれをなし得たであろう都市は、世界でも他にはないと信じています」と、彼は述べた。「そして、スポーツ界全体があなたたちに大きな恩を感じています」

世界選手権は、1991年に東京、2007年に大阪で開催された。小池氏は、1991年の選手権、カール・ルイス氏の100m走の9秒86の世界記録を思い出したという。

「彼の圧倒的な走りは、都民はもちろん、日本中の人々の記憶に鮮やかに残っています。そして、私も当時のことをはっきりと覚えています」と小池氏は語った。

日本の札幌市も2030年の冬季オリンピックの開催地として有力視されている。他の候補地はソルトレイクシティとバンクーバーだ。

IOCは、2023年5月にインドのムンバイで開催される会議で、冬季オリンピックの開催地を決定する予定である。また、2034年の開催都市も同時に決定する可能性がある。

AP

topics
特に人気
オススメ

return to top