Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 英国、2021年に中東投資家の回帰を期待

英国、2021年に中東投資家の回帰を期待

中東の英国における投資の例は、クウェート・マネーにより資金調達したザ・ロンドン・リゾートである。 (@LondonResort)
中東の英国における投資の例は、クウェート・マネーにより資金調達したザ・ロンドン・リゾートである。 (@LondonResort)
Short Url:
09 Jan 2021 03:01:19 GMT9
09 Jan 2021 03:01:19 GMT9
  • ウィルスの大発生 と 石油価格の下落が 昨年、商業用不動産投資のグローバル対外投資が減少する結果となった
  • COVID-19 と同地域における渡航制限が英国の商業用不動産水準に重大な影響を及ぼした

Arab News

ジェッダ: 英国において中東への投資は常に活発であり、 コロナウィルス感染症によりもたらされた経済的混乱にもかかわらず、英国の不動産会社は6月と7月に買手の興味関心が著しく増加したと報じた。

ウィルスの大発生と石油価格の下落は、昨年 中東における商業用不動産のグローバル対外投資が減少する結果となった。

COVID-19 と同地域での渡航制限 は、 英国の商業用不動産の水準に重大な影響を及ぼし、 同地域からの第2四半期(Q2)において総額 £3200万ポンド ($4300万ドル) という2010年Q3以来最低水準となった。

ナイトフランク社のプライベート・クライアント・アドバイザリー、プライベート・オフィス・コマーシャルのヘッド、アレックス・ジェームズ氏は、11月に英国、UAE、バーレーン間で障壁が開かれると投資家からの不動産需要は増加するだろうと述べた。

“現行の英国のロックダウン制限が解除された場合、投資家に機会を促進して、これらの国々から英国に到着する渡航者はもはや2週間隔離する必要が無い。

“ 中東資本の英国への取引額の年末総額は、昨年より6パーセント減少の約14憶ポンドと予想している。第3四半期に見られた直近の取引回復は残念ながら通常の最終四半期に継続していかず、ディストレスト投資の機会は乏しいままである、” と彼は付け加えた。

今後のロックダウン措置如何によっては、 不動産投資は 2021年には 取引量で 年率14パーセント増加して£16億ポンドまで回復をみるだろうと期待した、とジェームズ氏は述べた。

英国における中東投資の昨今の例は ザ・ロンドン・リゾートであった。 クウェート・マネーで資金調達した、注目される $26 億ドルのテーマパーク開発は、湾岸協力理事会(GCC)と英国において中東投資家が人気があることを証明している。

ザ・ロンドン・リゾートは2012年10月に ロンドン・リゾート・カンパニー・ホールディングスが立ち上げ、Kuwaiti European Holding Groupより支援を受けている。

Arab Newsとの前回の取材において、ロンドンを拠点とする投資仲介Farrbury Capital Partnersの投資ディレクター、ジェームズ・ヘイワード氏は、現地投資家からの英国投資は活発であったが、その多くは中東系の者であったと述べた。

“我々はグローバルに取引している。 英国からの投資を行う人は圧倒的に中東系であるとも言えるものの、我々は英国においては今もなお健全な投資を行っている。 この地域において投資は大変非常に人気がある。 だからここはまさに投資が来ると我々が考えているところなのだ、”と彼は付け加えた。

特に人気
オススメ

return to top