Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • イラクの妊婦にとって、病院はパンデミックにおける立ち入り禁止区域だ

イラクの妊婦にとって、病院はパンデミックにおける立ち入り禁止区域だ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生に伴うロックダウン措置が一部緩和された後の交通の様子=バグダッド(ロイター通信)
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生に伴うロックダウン措置が一部緩和された後の交通の様子=バグダッド(ロイター通信)
Short Url:
03 Aug 2020 05:08:20 GMT9
03 Aug 2020 05:08:20 GMT9

イラク・クート:イラクの助産師ウム・マリアムは、かつては1日当たり3人の分娩を担当していた。しかし、パンデミックの被害を受けた病院を避ける母親たちのために、彼女は今、その2倍の数の赤ちゃんの出産を仮設診療所で手伝っている。

数十年に及ぶ戦争から回復した同国では、全国でコロナウイルスの感染者が約13万人に急増し、5,000人近くが死亡しているにもかかわらず、保健所では酸素吸入器や保護具の不足に直面している。

公式の数字によると、経済的に打撃を受けたこの国で感染した人たちの中には、3000人の医療従事者が含まれているという。

「多くの女性が私のところで子供を産むことを選ぶようになったのはそのためです」と、イラク南東部クートの自宅に自ら設置した診療所でウム・マリアムは語る。

この悲惨な状況は、市民に無料で最先端の医療を提供することで、中東でも最高の医療制度を誇っていた1970年代のイラクとはかけ離れたものである。

しかし、1980年に始まったイランとの戦争から、アメリカ主導の軍事作戦やイスラム国との戦いに至るまで、相次ぐ紛争により、制度を維持するための資金が枯渇してしまった。

国際的な制裁により、何年にもわたり、新しい医療機器や予備部品さえも国内に持ち込むことができなくなった。

政府はいまだに年間予算の2%をかろうじて保健省に割り当てているが、そのほとんどが石油の販売で賄われている。

今年に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が発生する前から、イラクの病院は老朽化していたり、機器が旧式化・故障していたり、スタッフの訓練が不十分で過労状態にあったりなど、数々の問題を抱えていた。

29歳のメイスは、数週間後に第一子を出産する予定だ。昨年、彼女は公立病院に行き、少額の象徴的な費用を払って出産することができた。

「しかし、私はCOVID-19を恐れていたので、婦人科医は民間のクリニックに行くように勧めてくれました」と彼女は言う。

民間診療所は利益を上げているが、世界銀行からはイラクの貧困率が今年40%に倍増するとの見通しが出ており、費用を払える者は少ない。

メイスは1500ドル近くの出費を迫られるだろうが、彼女は選択の余地がないと感じている。「産婦人科のサービスがCOVID-19に感染した患者の影響を受けているので、私の友人は皆同じようにしました」と彼女は語る。

クートのあるワシット州の9つの公立病院のうちの1つは、コロナウイルス治療病棟と化している。

他の8つの病院は、すべてのCOVID-19患者を専門施設に案内し、通常通りの運営を試みている。

それでも、住民はウイルスにさらされることを恐れて、医療機関に行くのをほとんど止めてしまった。

イラクの医療シンジケートの現地支部を率いるメフディ・アル・シューウェリによると、患者数は半減しているという。

「2020年の最初の3カ月間には、400件の手術を行いました。次の3カ月間はわずか187件でした」と、公立アル・カーラマ病院の外科医、カーダー・ファデルは付け加える。

病気や怪我で苦しんでいるイラクの人々は、病院に行く代わりに、どこか別の場所、つまり薬局に集まるようになっている。

「私の顧客の約90%は、薬を処方してもらうために症状を私に説明しています。こうして彼らは完全に病院に行かずに済むのです」と、匿名を希望するある薬剤師は言った。

帰宅した彼らは自宅で自己治療をする。世界保健機関(WHO)のデータによると、彼らは病床数が1万人当たり14床の国で予約できることを当てにしていないのだ。

それに対してフランスの場合、1万人当たりの病床数は60床だ。

病院はまた、COVID-19の肺への攻撃による重症患者のための酸素ボンベの不足に直面している。バグダッド北部タジの国営工場は、不足分を埋めるのに苦労している。

「毎日、病院向けに1000~1500個の酸素ボンベを生産していますが、自宅で寝たきりの方のために100個ほどを確保しています」と、副工場長であるアハメッド・アブデルムトラクは述べる。

自宅で治療している人でも、費用がかさむことがある。

酸素ボンベ、免疫力を高めるためのビタミンCや亜鉛の錠剤、さらにはフェイスマスクまでもが3倍、4倍の値段になっており、イラク人は家庭療法を試しているという。

それでも、老朽化した公立病院でCOVID-19にかかるよりは、自己治療の方が得策であると彼らは主張している。

AFP

特に人気
オススメ

return to top