Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 井上尚、3団体王座を統一=日本選手初、ドネア退ける―ボクシング世界戦

井上尚、3団体王座を統一=日本選手初、ドネア退ける―ボクシング世界戦

(AFP)
(AFP)
Short Url:
07 Jun 2022 09:06:17 GMT9
07 Jun 2022 09:06:17 GMT9

プロボクシングの世界バンタム級3団体王座統一12回戦は7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)統一王者の井上尚弥(大橋)が、世界ボクシング評議会(WBC)王者のノニト・ドネア(フィリピン)を2回1分24秒TKOで下した。日本選手が世界主要3団体を統一したのは初めて。防衛回数は、スーパー王者に認定されているWBAが7度目、IBFが5度目。

井上尚は2019年11月に世界5階級制覇の実績を持つドネアと対戦し、3―0の判定勝ち。今回は2年7カ月ぶりの再戦だった。

戦績は井上尚が23戦全勝(20KO)。ドネアは42勝(28KO)7敗。

時事通信

特に人気
オススメ

return to top