Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • サウジアラビアに栄光あれ:若きグリーン・ファルコンズが2-0でウズベキスタン破りAFC U-23アジア杯初優勝

サウジアラビアに栄光あれ:若きグリーン・ファルコンズが2-0でウズベキスタン破りAFC U-23アジア杯初優勝

AFC U-23アジアカップでは、2013年と2020年に決勝で敗れて以来、若きグリーン・ファルコンズが初優勝を飾った。(サウジアラビア代表)
AFC U-23アジアカップでは、2013年と2020年に決勝で敗れて以来、若きグリーン・ファルコンズが初優勝を飾った。(サウジアラビア代表)
サウジアラビアは2022年6月19日日曜日、タシケントで開催国のウズベキスタンを2-0で破り、U-23アジア王者となった。(AFC/the-afc.com)
サウジアラビアは2022年6月19日日曜日、タシケントで開催国のウズベキスタンを2-0で破り、U-23アジア王者となった。(AFC/the-afc.com)
Short Url:
20 Jun 2022 12:06:14 GMT9
20 Jun 2022 12:06:14 GMT9
  • 過去2回の決勝戦での敗退を経て、サウジアラビアのチームがトロフィーを手にするのは初である。

ジョン・デュエルダン

タシケント:サウジアラビアは、タシケントで開催国のウズベキスタンを2-0で破り、アーメド・アル・ガームディー選手とフィラース・アル・ブライカーン選手による後半の素晴らしい得点で、U-23アジアチャンピオンとなった。

2013年と2020年に決勝で敗れたAFC U-23アジアカップで、若きグリーン・ファルコンズが初優勝し、また、コーチのサアド・アル・シェフリー氏にとっても、これまで2度の大陸決勝で敗れた後、初の大きな大陸トロフィーとなった。

後半開始早々、アル・ガームディー選手がサウジアラビアに先制点をもたらし、残り16分にはアル・ブライカーン選手が同様に素晴らしい2点目を決めた。

今大会、チームの守備は常に1点も奪えていなかったため、今月5チームができなかったことを成し遂げねばならないウズベキスタンの課題の大きさは明らかであった。Milliy Stadiumに集まった34,000人のファンの声援を受け、ウズベキスタンの選手たちは全力を尽くしたが、GKのナワフ・アクイーディ選手を破ることはできなかった。

終盤は当然ながら必死の展開となったが、序盤はサウジアラビアがうまくボールをキープし、ウズベキスタンがボールを持った時に素早く前に出ようとする、緊迫した展開となった。前半は失点の危機を迎える前に中盤に差し掛かった。

勝利に迫ったのはサウジアラビアだった。ペナルティエリア内のアーメド・アル・ガームディー選手が左サイドのバイライン際を抜け出し、アル・ブライカーン選手にボールを戻すが、至近距離からストライカーのアル・ブライカーン選手が放った低いシュートはアリベク・ダブロノフ選手にうまく阻まれた。

キックオフの2時間前からスタジアムを埋め尽くしたファンとともに、32分、ウズベキスタンが最初のチャンスを迎える。ホジマト・エルキノフ選手がスルーパスに走り、ペナルティエリア手前からシュートを放つが、GKに阻まれ、枠を大きく外れる。

その数分後、ハマド・アル・ヤミ選手が25メートルから強烈なシュートを放つと、GKウラジーミル・ナザロフ選手が左に急いで走ってボールを弾き出し、コーナーキックとなった。

そして7分前、アル・ガームディー選手がペナルティエリア内でダブロノフ選手に倒され、主審がPKを付与した。VARが念入りに確認した結果、5分後にビルドアップの際にわずかにオフサイドがあったと判断した。

このエピソードでタシケントは白熱したが、前半の最後のアクションでサウジアラビアはもう少しでリードを奪うところだった。自陣からのロングボールをアル・ブライカーン選手がヘディングで折り返し、アイマン・ヤヒヤ選手がループシュートを放つが、ポストの外側を叩き、GKは無人の状態から慌てて戻ってきた。

そして後半わずか3分、サウジアラビアは見事な形でリードを奪った。アル・ヤミ選手がペナルティエリア手前でアル・ガームディー選手を見つけたが、20歳のアル・ガームディー選手にはまだやるべきことが残っていた。アル・ガームディー選手は奇跡的に2人のディフェンダーの注意をかわし、左足でシュートを放ち、ゴール隅に決めた。

ウズベキスタンは一刻も早く同点に追いつきたいようで、1時間を過ぎたあたりからサウジアラビアをさらに追い込んでいったが、サウジアラビアの自慢のディフェンス陣が守り抜いた。しかし、ウズベキスタン代表のジャスルベク・ジャロリディノフ選手が、準決勝の日本戦のような華麗なシュートを見せようとしたが、バーの上を通過してしまった。

残り時間20分になって、ウズベキスタンがゴールネットを揺らした。ジャロリディノフ選手がルスランベク・ジヤノフ選手をゴール前に送り込み、アクイーディ選手の右サイドからが放った低いシュートはGKのアクイーディ選手を破ったが、ルスランベク・ジヤノフ選手は明らかにオフサイドポジションでボールを受けており、得点とならなかった。

その直後、2-0となった。ウズベキスタンは後方にギャップを空けていたが、サウジアラビアはアル・ブライカーン選手が記念すべきゴールを決めるまで、それを利用することができなかった。左サイドのボックスの外にいたストライカーのアル・ブライカーン選手は、ナザロフ選手の絶望的なダイブをかいくぐって、ファーサイドの隅に致命的なシュートを放ったのである。

このシュートは開催国を打ち砕き、ますます不満を募らせた2018年U-23アジアチャンピオンに戻る道はなかった。終盤には、相手チームが時間を浪費していると感じたウズベキスタン側のサポーターが、押し合いへし合いし、スタンドからピッチにペットボトルを投げ入れるという大騒ぎもあった。

若きグリーン・ファルコンズは冷静さを保ち、目標を見失わずに、間もなくサウジアラビアサッカー連盟のヤーセル・アル・ミセハル会長の立会いのもと、3度目の正直で初めてトロフィーを手にした。

特に人気
オススメ

return to top