Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • アラブニュースの「マイノリティ・リポート」シリーズ、中東の宗教的多様性を反映した感動的な物語

アラブニュースの「マイノリティ・リポート」シリーズ、中東の宗教的多様性を反映した感動的な物語

Short Url:
13 Jul 2022 02:07:52 GMT9
13 Jul 2022 02:07:52 GMT9
  • 『ドゥルーズ 偉大なる生存者たち』はコプト教、アフワジアラブ人、レバノンのユダヤ人に続く、「マイノリティ・レポート」シリーズの第4弾である
  • アラブニュースの「マイノリティ・レポート」最新版は好評を博し、寛容な文化の萌生を指摘する声が多く寄せられている

ジョナサン・ゴーナル

ロンドン:アラブニュースは、「マイノリティ・リポート」の名の下、マルチメディア特集の最新作として、中東で最も神秘的で誤解されている信仰の一つである『ドゥルーズ 偉大なる生存者たち』についての興味深いストーリーをお伝えする。

このシリーズでは、これまでに『コプト教の奇跡』、『忘れられたイランのアラブ人』、そして湾岸の迫害を受けたアール・グフラン部族の物語『許されざる者』を取り上げてきた。こうした調査記事はすべて、他の深掘り調査と共に、こちらで閲覧できる。

このような物語から掘り起こされる歴史は、常に魅力的である。しかし、それと同等に重要なことは、現在緊張関係にある多くのコミュニティが、過去にはしばしば隣人と共生していたことを示し、あまりにも誤解されがちなコミュニティについての貴重な知見を与えてくれることである。

ドゥルーズ派を例にとると、イスラム教に根ざしながらも、コーランをはじめとする多くの資料に啓発されているこの信仰は、11世紀初頭、イスマーイール派の一派シーア派ファーティマ朝第6代カリフ、アル・ハキーム・ビ・アムル・アッラーの時代にカイロで誕生した。

当初、ドゥルーズ派の信仰は入信者にも開かれ、信者は自由に言葉を広め、公然と改宗者を求めていた。しかし、1021年にアル・ハキームが行方不明になると、ファーティマ朝はドゥルーズ派に反旗を翻し、ドゥルーズ派は潜伏を余儀なくされ、各地に散らばった。

1043年、迫害の拡大に直面したドゥルーズ派は、部外者を永久に排除し、布教活動を放棄し、生き残るために秘密主義を貫いた。

この秘密は、現在に至るまで、信者の間でさえも守られている。信者のほとんどは、教典の極意や信仰の実践に触れることを禁じられているのだ。

現在、ドゥルーズ派はレバノン、シリア、パレスチナの山岳地帯に伝統的な拠点を置いているが、その場所はまさに1000年前に彼らの祖先が聖域を求めた場所である。

中東の地図が戦争で塗り替えられ、定住先のあらゆる国に馴染み、忠誠を誓ってきたドゥルーズ派だが、不確かな将来に直面している。

少数民族である彼らは、現代の大部分の中東諸国の特徴である政治的、社会的変動の影響を特に受けやすい。

一方、入信者に対して閉鎖的で、欧米に移住する人がますます多くなり、そこで信者でない人と結婚する人も多いため、ドゥルーズ派はもはや信仰を維持できないほど数が減少することが懸念されている。

この深掘り調査レポートに対するドゥルーズ派のコミュニティとアラブニュースの読者からの反応は肯定的で、多くの人がこのレポートが示唆する風通しの良い、宗教的寛容の文化が生まれつつあることを指摘している。

あるコメンテーターは、ドゥルーズ派のレポートが公開された後、ツイッターで「世界は変わった」とツイートしている。

「サウジアラビアの英語を使用しているメディアは、様々な宗派やグループについての一連のドキュメンタリーを作っているのですが…その中に、ドルーズについてのエピソードがあるのです。昔では全く考えられなかったことです」

また、あるレバノン人は、「ドゥルーズ派についてよく書かれた、徹底的な入門です。彼らがどこから来たのか、何世紀にもわたって直面してきた課題、そして彼らを待ち受ける不確実な未来について、優れた概説を示しています。強くお薦めします」とコメントした。

ワシントンのアラブ湾岸諸国研究所の上級常勤研究員、フセイン・アイビシュ氏は以下のようにツイートした。「アラブニュースの『ドゥルーズ 偉大なる生存者たち』という記事が素晴らしい。サウジアラビアの新聞でこのような記事を見ることは、たとえ英語であっても、ここ数年まではなかっただろう。非常に大きく急速な変容においての、もう一つの小さな事例だ」

最近アラブニュースのリヤド支局を訪れた反ユダヤ主義監視・撲滅担当米国特使デボラ・リップシュタット氏は、「マイノリティ・リポート」シリーズを賞賛した。

リップシュタット氏は大使の地位にあり、世界中の反ユダヤ主義に対抗する米国の外交的な取り組みを統括している。

同氏はアラブニュースの記者や編集者らとの懇談会に参加し、ヘイトスピーチ対策や宗教的寛容性の促進など、同紙独自の取り組みについて説明を受けた。

「私はあなた方が(アラブニュースで)行った仕事をいくつか拝見してきました。表紙や「マイノリティ・リポート」の『レバノンのユダヤ人』です。ヘブライ語の新年の挨拶である『シャナ・トヴァ』を第1面に載せているのです。想像を絶することです」と、同氏は言った。

「私の国も、あなたの国も完璧ではありません。私たちには長い道のりがありますが、私が確実にこちらで見たものは、アラブニュースは偉大な第一歩です」

2020年に公開された『レバノンのユダヤ人』では、中東の豊かな文化が綾なす綴れ織りに寄与する宗教的・民族的グループの一つの詳細を紹介した。

リップシュタット氏は「マイノリティ・レポート」を賞賛してこう言った。「ある集団への憎悪が別の集団への憎悪に姿を変える仕組みは、人種差別であれ、反ユダヤ主義であれ、イスラム教徒への憎悪であれ、それが何であれ、あらゆる偏見に同じ動作原理があるということです」

この地域の少数民族に関する真実および、たびたび心を動かす物語を伝えることにより、このような偏見に対抗するためにこそ、アラブニュースは2019年に「マイノリティ・レポート」シリーズを立ち上げた。

このシリーズは、地域内外で波紋を広げている。また、1975年に設立されたアラブニュースが主張する「変わりゆく地域の声」を反映している。

『レバノンのユダヤ人』は、かつて繁栄していたユダヤ人コミュニティが、1967年の六日間戦争(第三次中東戦争)で、シリア、ヨルダン、エジプトなどの同盟であるアラブ諸国がイスラエルに敗れた後、どのように消滅したかを描いている。

アラブニュースが報じたように、「1950年代から1960年代にかけて、レバノンには16箇所のシナゴーグがあり、常に満員だった」という。実際、イスラエル独立宣言、それに続く1948年のアラブ諸国とイスラエルの第一次中東戦争後、アラブ諸国でユダヤ人の人口が増えたのはレバノンだけであった。

「しかし、1967年の第三次中東戦争とその後の陰惨な内戦で、レバノンのユダヤ人は次第に追いやられていった」

戦争前夜、レバノンには推定7,000人のユダヤ人がいた。アラブニュースが報じたように、2020年には30人未満になった。

「マイノリティ・リポート」ではかつてレバノンに住んでいたユダヤ人の家族のインタビューを掲載し、1800年にバグダッドから来たレヴィ一家によってベイルートのユダヤ人地区が設立されたことを振り返っている。

1月、アラブニュースは、自治権を失ってから100年以上にわたって迫害と文化的差別を受けてきたイランのアフワジアラブ人コミュニティについて「マイノリティ・リポート」で特集記事を公開した。

何世紀にもわたって、アラブ民族は現在のイラン西部の広大な土地を支配してきた。彼らの子孫が現在知られるように、イランのフーゼスターン州の州都アフワーズはシャットゥルアラブ川の東岸に沿って600km以上北に広がり、アラビア湾の東部沿岸一帯をホルムズ海峡の南まで伸びていたのである。

しかし、当初は未開発の膨大な石油資源を求めてアラブ首脳に接近した大英帝国の支持を失った後、瞬く間にイランの支配下に置かれることになった。

10年も経たないうちに、アラビスタンという名前は地図から消え去り、イランのアフワジアラブ人は、現在まで続く残虐な弾圧の犠牲となった。

4月、アラブニュースは「マイノリティ・レポート・ディープダイブ」を発行し、今回は、エジプトのコプト教コミュニティに焦点を当てた。

『コプト教の奇跡』は、エジプトの歴史あるキリスト教会が、いかにして国内外に生き残り、繁栄してきたかを物語るものであった。

5世紀、キリストの神性の本質をめぐって根本的な見解の相違が生じ、他のキリスト教諸派と袂を分かったコプト正教会アレクサンドリア教会の驚くべき物語に焦点を当てたものである。

紀元60年頃、伝道者マルコによって大都市アレクサンドリアに設立された教会とその信者は、何世紀にもわたって混乱の中にあった。

7世紀にイスラム教が勃興し、エジプトが征服された後、一時的に迫害を受けた時期もあったが、数世紀にわたってコプト教徒は十分な扱いを受けてきた。

1970年代以降、多くのコプト教徒が恐怖や経済的な圧力に突き動かされて、欧米、主にアメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリスなどに新しい未来を求め、移住してきた。

彼らが根を下ろした場所では、いずれもコプト教コミュニティとその教会が開花し、エジプトや信仰と密接な関係を保っている。

特に人気
オススメ

return to top