Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 2020オリンピックに向け、日本で自動運転車の準備進む

2020オリンピックに向け、日本で自動運転車の準備進む

21 Jan 2020
日本のタクシー会社日の丸交通は、数百人の国内外のジャーナリストの前でデモンストレーションを行い、自動運転のタクシーの発表を行った。
日本のタクシー会社日の丸交通は、数百人の国内外のジャーナリストの前でデモンストレーションを行い、自動運転のタクシーの発表を行った。
日本のタクシー会社日の丸交通は、数百人の国内外のジャーナリストの前でデモンストレーションを行い、自動運転のタクシーの発表を行った。
日本のタクシー会社日の丸交通は、数百人の国内外のジャーナリストの前でデモンストレーションを行い、自動運転のタクシーの発表を行った。
日本のタクシー会社日の丸交通は、数百人の国内外のジャーナリストの前でデモンストレーションを行い、自動運転のタクシーの発表を行った。
日本のタクシー会社日の丸交通は、数百人の国内外のジャーナリストの前でデモンストレーションを行い、自動運転のタクシーの発表を行った。
日本のタクシー会社日の丸交通は、数百人の国内外のジャーナリストの前でデモンストレーションを行い、自動運転のタクシーの発表を行った。
日本のタクシー会社日の丸交通は、数百人の国内外のジャーナリストの前でデモンストレーションを行い、自動運転のタクシーの発表を行った。
Short Url:
Updated 21 Jan 2020
21 Jan 2020

アラブニュース、東京

日本のタクシー会社日の丸交通は、数百人の国内外のジャーナリストの前でデモンストレーションを行い、自動運転のタクシーの発表を行った。

スマートフォンのアプリケーションを通じて、ひとりの外国人が自律走行用の電子機器とセンサーを搭載したタクシーを拾った。

車のドアが自動で開くと、乗客はタクシーに乗り込んで、車内に設置されたタブレットに希望する目的地を入力することができる。

このデモンストレーションで、車両は日本橋駅から丸の内地区までの3キロを走行した。

この外国人は、人工知能と家事のロボット化を専門とするZMP社のプロトタイプであるRobocar Walkのテストも行った。

時速6 kmで走行するこの小型車両はタブレットを介して制御される。目的地が選択されると、車両は障害物を認識したり、周囲の歩行者の動きを予測したりしながら、完全に自律走行する。

この車両は、高齢者、障害者、日本語をほとんどまたはまったく話せない外国人、および子供連れの人を輸送することが意図されている。

このロボットのコストは、空港、ショッピングセンター、観光地での使用で、月額100,000円と見積もられている。

パートナーの三菱、JTB、東京シティエアターミナル、日の丸交通、エアポートリムジンは、革新的な提携関係を結び、国際市場での自動運転商用車の開発における第一段階の目標をクリアした。

topics
Most Popular
Recommended

return to top