Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 菅氏、財政改革よりも経済成長を優先することを明言

菅氏、財政改革よりも経済成長を優先することを明言

日本の官房長官である菅氏は、地方経済の活性化を「アベノミクス」の重要な柱の一つと呼び、引き続き注力していくと述べた。(AFP通信)
日本の官房長官である菅氏は、地方経済の活性化を「アベノミクス」の重要な柱の一つと呼び、引き続き注力していくと述べた。(AFP通信)
Short Url:
09 Sep 2020 09:09:01 GMT9
09 Sep 2020 09:09:01 GMT9

東京:順調に首相への道を進む菅義偉氏は、安倍晋三首相の政策を維持し、厳しい日本の財政の再建よりも経済成長を優先させると述べた。

日本の官房長官である菅氏はまた、地方経済の活性化を「アベノミクス」の重要な柱の一つと呼び、引き続き注力していくと述べた。

「強い経済は、社会福祉、安全保障、財政改革のために必要だ」と菅氏は水曜日、自民党主催の討論会で語った。菅氏は続けて、「まずは経済を再生させなければならない。経済あっての財政再建だ」と述べた。

この発言は、菅氏が率いる政権が、安倍晋三氏が8年近く首相を務めた間に掲げてきた経済成長促進政策を大きく変えることはないだろうとの市場の期待感を強めている。

菅氏が次期首相になれば、コロナウイルスの流行を食い止めつつ、経済的な影響を管理するという難題に直面することになる。

世界第3位の経済大国である日本は、第2四半期に戦後最悪の景気後退に陥ったことが火曜日のデータで明らかになり、政策立案者がCOVID-19からの経済的打撃に対処する上で直面している課題を強調している。

水曜日の共同通信社の世論調査によると、菅氏が次の首相候補の中で最も回答者に支持されており、安倍首相の後任を争っている2人のライバル候補を大差で上回っている。

世論調査によると、菅氏は50.2%の支持を得ており、石破茂元防衛相(30.9%)、岸田文雄自民党政調会長(8.0%)を抑えている。

菅氏は2人のライバルを抑えて、自民党総裁選で十分なリードを保っている。

自民党の総裁選は、9月14日に実施される。投票日は安倍首相が健康上の理由で辞任を表明した後に決まった。自民党が国会で過半数を占めていることから、総裁選の勝者は、次の首相になることが事実上確実となっている。

朝日新聞の集計によると、菅氏は自民党議員の80%近い308人から総裁選での支持を得ている。

これは、菅氏がすでに総票数の58%を持っていることを意味し、都道府県連からの追加票141票を数えなくても過半数を超えている。

菅氏は安倍首相の補佐官としてアベノミクスを推進する上で重要な役割を果たしてきたが、コロナウイルスの流行で政策の初期の成果は帳消しになってしまった。

北朝鮮に関しては、北朝鮮の工作員による日本人拉致問題を解決するために必要ならば、「前提条件なしで」金正恩氏と会談する用意があるとの姿勢を繰り返した。 

ロイター通信

特に人気
オススメ

return to top