Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 人種差別に対する大坂選手の抗議を日本人が称賛

人種差別に対する大坂選手の抗議を日本人が称賛

2020年9月12日、USTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センターで開催された2020年全米オープン13日目、ベラルーシのヴィクトリア・アザレンカとの女子シングルス決勝戦前に、コートを歩く大坂なおみ。(AFP)
2020年9月12日、USTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センターで開催された2020年全米オープン13日目、ベラルーシのヴィクトリア・アザレンカとの女子シングルス決勝戦前に、コートを歩く大坂なおみ。(AFP)
Short Url:
13 Sep 2020 10:09:17 GMT9
13 Sep 2020 10:09:17 GMT9

東京:土曜日のフラッシング・メドウズでの全米オープン決勝戦で大坂なおみ選手の勝利を祝い、東京市民は人種差別に対するヒロインの立場を熱心に受け入れた。

ヴィクトリア・アザレンカに勝ち3つ目のグランドスラムタイトルを獲得した大坂は、選手権での各7試合の前に、異なるブラックアメリカ人の名前を冠したマスクを着用して、Black Lives Matter(BLM)運動を支援するプラットフォームを利用した。

日本人の母親とハイチ人の父を持つ大阪は、人種的均質社会としての自己像への困難と向き合う、変化する日本の代表的顔となった。

ニューヨークでのコート内外での大坂の試みは、日曜日に東京市民によって歓迎された。

「(彼女の勝利で)嬉しくて跳びはねた」と大坂の勝利を祝福する新聞の号外を購入しようとしていたホソヤ・カズヨシさんが述べた。

「彼女の抗議活動を知っていたし、7枚のマスクをすべて使うために(決勝戦に達するために)ベストを尽くしていたことをテレビで観ていた。

「彼女が実際に7枚のマスクすべてを使い達成したことは、驚異的なことだと思う。」

ソーシャルメディアに対する大坂の厳しい見方は、彼女を多くの若い日本人のアイコンにした。

「影響力ある人物のなおみさんが公共の場で 『Black Lives Matter』と伝えたことがとてもうれしい」とマエダ・マリさんは語った。「彼女のメッセージがアメリカだけでなく、日本を始め世界中で受け取られたことを嬉しく思う。」

金曜日の日本の毎日新聞の匿名筋の情報による報道では、大坂のスポンサーの一社が彼女はテニスに集中したほうがよいと、彼女のBLMの立場を批判した。

大坂がニューヨークで勝利したことで、大阪が抗議活動で注意散漫になっているという非難はできず、日曜日の東京でのこのようなコメントに基づけば、スポンサーは世論を誤って判断したかもしれない。

タニモト・マサテルさんは「私を始め人種差別問題に関心のない人が多いと思う」と語った。「しかし(大坂)は、その議論を始める機会を作った。」

「人々が賛成か反対かに関わらず、問題が議論の的となったのは良いことだと思う」と語った。

ロイター

特に人気
オススメ

return to top