Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 日本の塩野義製薬がCOVID-19ワクチンの12月の試験に向けた準備を開始

日本の塩野義製薬がCOVID-19ワクチンの12月の試験に向けた準備を開始

塩野義製薬は日本初の国産COVID-19ワクチンの臨床試験を年末までに計画している(シャッターストック)
塩野義製薬は日本初の国産COVID-19ワクチンの臨床試験を年末までに計画している(シャッターストック)
塩野義製薬の手代木功社長兼CEOは、東京でロイターのインタビューに答える。2019年6月11日(ファイル写真/ロイター)
塩野義製薬の手代木功社長兼CEOは、東京でロイターのインタビューに答える。2019年6月11日(ファイル写真/ロイター)
Short Url:
29 Oct 2020 06:10:33 GMT9
29 Oct 2020 06:10:33 GMT9

塩野義製薬は、パンデミックと戦うために十分なワクチンの量を確保しようとする世界的な競争の中で、日本の国産として最初に市場に届く可能性があるCOVID-19ワクチンの臨床実験を年末までに計画している。

塩野義製薬の手代木功社長はロイターの取材に対し、同社は12月に第1相臨床試験を開始し、1月までに第2相臨床試験に移行し、国に仮承認を申請する計画であると述べた。

しかし、日本ではCOVID-19の症例が相対的に少ないため、第3相臨床試験は海外で行われる可能性が高いと同氏は述べた。

来年末までに 3,000 万人に十分な量を投与するという塩野義製薬の計画は、3月までに最初の投与が準備できると予想する大阪の先行者アンジェス株式会社よりもはるかに大きな影響を与えることを意味する。

「ほとんど国家安全保障上の理由だとしても、日本に優れた能力を持つことは非常に意味がある」と手代木氏は述べている。

塩野義製薬は、大規模な最終段階の臨床試験を実施している世界的なフロントランナーには遅れをとっているが、日本最大の国産COVID-19ワクチン生産者になるために、実績のあるプラットフォームに賭けている。フランスの製薬会社サノフィ社やノババックス社は、自社のCOVID-19候補品開発に同様のプロセスを採用している。

手代木氏は、「我たちの組換えタンパクワクチンは、方法的には、新規の方法よりも有効性と安全性に関するデータが蓄積されていると思う」と述べた。

mRNAワクチンのような新しい方法論が解決策になるかもしれないが、「しかし、現段階では何もわからない」と述べた。

菅義偉首相は2021年半ばまでに国民に十分な量のワクチンを提供すると公約しており、日本はアストラゼネカ社やファイザー社などの企業と数億回分のワクチン投与量の取引を成立させている。

塩野義製薬は、COVID-19ワクチン開発のために日本政府から約4億ドルを受け取っている。

しかし、世界的な需要の大きさ、さまざまな人口への影響、および初期のワクチンの効果の限界の可能性を考えると、世界はパンデミックと戦うためにいくつかの異なるワクチンを必要とするだろう。

手代木氏は、2021年に延期された東京夏季オリンピックの開催は「まだ可能」としながらも、ワクチンよりも高速の診断テストとロジスティクスに依存するだろう、との見解を示した。

「ワクチンを接種したからといって、いわゆる安全なライセンスを得たというわけではない」と同氏は話す。

塩野義製薬は、パンデミックと戦うために十分なワクチンの量を確保しようとする世界的な競争の中で、日本の国産として最初に市場に届く可能性があるCOVID-19ワクチンの臨床実験を年末までに計画している。

塩野義製薬の手代木功社長はロイターの取材に対し、同社は12月に第1相臨床試験を開始し、1月までに第2相臨床試験に移行し、国に仮承認を申請する計画であると述べた。

しかし、日本ではCOVID-19の症例が相対的に少ないため、第3相臨床試験は海外で行われる可能性が高いと同氏は述べた。

来年末までに 3,000 万人に十分な量を投与するという塩野義製薬の計画は、3月までに最初の投与が準備できると予想する大阪の先行者アンジェス株式会社よりもはるかに大きな影響を与えることを意味する。

「ほとんど国家安全保障上の理由だとしても、日本に優れた能力を持つことは非常に意味がある」と手代木氏は述べている。

塩野義製薬は、大規模な最終段階の臨床試験を実施している世界的なフロントランナーには遅れをとっているが、日本最大の国産COVID-19ワクチン生産者になるために、実績のあるプラットフォームに賭けている。フランスの製薬会社サノフィ社やノババックス社は、自社のCOVID-19候補品開発に同様のプロセスを採用している。

手代木氏は、「我たちの組換えタンパクワクチンは、方法的には、新規の方法よりも有効性と安全性に関するデータが蓄積されていると思う」と述べた。

mRNAワクチンのような新しい方法論が解決策になるかもしれないが、「しかし、現段階では何もわからない」と述べた。

菅義偉首相は2021年半ばまでに国民に十分な量のワクチンを提供すると公約しており、日本はアストラゼネカ社やファイザー社などの企業と数億回分のワクチン投与量の取引を成立させている。

塩野義製薬は、COVID-19ワクチン開発のために日本政府から約4億ドルを受け取っている。

しかし、世界的な需要の大きさ、さまざまな人口への影響、および初期のワクチンの効果の限界の可能性を考えると、世界はパンデミックと戦うためにいくつかの異なるワクチンを必要とするだろう。

手代木氏は、2021年に延期された東京夏季オリンピックの開催は「まだ可能」としながらも、ワクチンよりも高速の診断テストとロジスティクスに依存するだろう、との見解を示した。

「ワクチンを接種したからといって、いわゆる安全なライセンスを得たというわけではない」と同氏は話す。

ロイター

特に人気
オススメ

return to top