Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 北朝鮮、核・ミサイル実験再開の可能性を示唆

北朝鮮、核・ミサイル実験再開の可能性を示唆

2022年1月20日、韓国・ソウルのソウル駅で、北朝鮮のミサイル発射のファイル画像をテレビで見る人々 (AP Photo/Ahn Young-joon)。
2022年1月20日、韓国・ソウルのソウル駅で、北朝鮮のミサイル発射のファイル画像をテレビで見る人々 (AP Photo/Ahn Young-joon)。
2022年1月20日、韓国・ソウルのソウル鉄道駅で、北朝鮮のミサイル発射のニュース番組を見る人々 (AP Photo/Ahn Young-joon)
2022年1月20日、韓国・ソウルのソウル鉄道駅で、北朝鮮のミサイル発射のニュース番組を見る人々 (AP Photo/Ahn Young-joon)
Short Url:
20 Jan 2022 11:01:09 GMT9
20 Jan 2022 11:01:09 GMT9
  • 北朝鮮は2017年以降、核爆弾やICBMの実験を行っていない
  • 北朝鮮政治局、米国の脅威が「危険ラインに達した」と発表

ソウル: 北朝鮮は対米防衛を強化し、「一時的に中断されたすべての活動」を再開することを検討すると、国営メディアKCNAが木曜日に報じた。これは、核兵器と長距離ミサイルの実験を自主的に中断していることに言及したものとみられる。

最近の北朝鮮の一連のミサイル実験をめぐっては、緊張が高まっている。米国が新たな制裁措置を求めると、平壌は激しく反発し、2017年のいわゆる「炎と怒り」の脅しの時期に戻る可能性が出てきた。

KCNA通信によると、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、水曜日に労働党の強力な政治局会議を招集し、米国の「敵対的」な政策への対抗措置を含む「重要な政策課題」を議論した。

政治局は、信頼醸成措置の再検討と、「一時的に中断していたすべての活動を再開する事について速やかに検討する」ことを指示し、「より強力な物理的手段を直ちに強化する」ことを求めた、とKCNAは伝えた。

今回の政治局決定は、米国が交渉再開のための譲歩を求める声に応えなかったことを受けて、核弾頭と長距離大陸間弾道ミサイル(ICBM)の実験のモラトリアムにはもう拘束されないという金正恩の2019年末の前言を一歩超えたものと思われる。

ワシントンの政策と軍事的脅威は「危険ラインに達している」とし、米韓合同軍事演習、米国の最新鋭戦略兵器の地域への配備、独自制裁や国連制裁の実施などを挙げている。

政治局は「米帝国主義者との長期的な対決に向けて、より徹底した準備を行うべきだ」と結論づけた。

米国務省とホワイトハウスは、コメントの要請にすぐには応じなかった。バイデン氏は、就任1周年を記念して行われた2時間近い記者会見で、北朝鮮については一切言及しなかった。

ワシントンに拠点を置くウィルソンセンターのジーン・リー研究員は、「私たちは、(北朝鮮が)戦争のような雰囲気を演出するため、より多くのサーベルを鳴らし、そしておそらくより多くの挑発実験を行うと予想すべきです」と述べ、金委員長はあらゆる機会を利用してさらなる兵器実験を正当化するだろうと付け加えた。

「悪循環」

ソウルにある北朝鮮研究大学のヤン・ムジン教授は、北朝鮮は2月と4月に行われる金正恩の亡父と祖父の生誕80周年と110周年の主要な祝日に合わせて、長距離ミサイルやその他の強力な兵器の実験を行う可能性があると述べている。

「2017年に見られた挑発と制裁の悪循環に戻ってしまう可能性がある」と述べた。

2017年に米国本土を攻撃できる弾道ミサイルを試験発射した後、北朝鮮は慌ただしい外交を展開し、それ以来、ICBMや核兵器の実験を行っていない。

しかし、非核化交渉が停滞し、2019年の首脳会談が失敗した後、再びにらみ合いに陥り、一連の新しい短距離弾道ミサイル(SRBM)の実験を開始した。

平壌は、ミサイル発射は主権的な自衛権であると主張し、ワシントンが兵器実験に対して二重基準を適用していると非難している。

月曜日、北朝鮮は、離陸後に高速で操縦できる「極超音速ミサイル」の発射2回に続き、今年4回目のミサイル実験を行い、さらに鉄道搭載型のミサイルシステムを使った発射も行った。

異例の速さで行われた発射について、米国は新たな国連制裁を求め非難し、平壌はさらに強い行動をとると脅している。

ワシントンに拠点を置くスティムソンセンターの”38ノース”プログラムのディレクター、ジェニー・タウン氏は、強い表現にもかかわらず、政治局リポートは、金委員長が今後の展開に応じて「適切と思われる範囲でレトリックを上下させる」余地が残していると指摘する。

ワシントンにある軍備管理協会のダリル・キンボール事務局長は、「バイデン政権は、平和と非核化に向けた一歩一歩の行動に関する交渉を再開するため、より協調的でハイレベルな国際努力をリードする必要がある」と述べている。

「北朝鮮の核・ミサイル問題は消滅しておらず、積極的かつ真剣な外交が行われない限り、悪化の一途をたどるだろう」と述べている。

ロイター

topics
特に人気
オススメ

return to top