Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 立てこもり散弾銃男を逮捕=訪問の医師ら撃たれ死傷―母死亡めぐりトラブルか・埼玉県警

立てこもり散弾銃男を逮捕=訪問の医師ら撃たれ死傷―母死亡めぐりトラブルか・埼玉県警

立てこもり散弾銃男を逮捕=訪問の医師ら撃たれ死傷―母死亡めぐりトラブルか・埼玉県警 (AFP)
立てこもり散弾銃男を逮捕=訪問の医師ら撃たれ死傷―母死亡めぐりトラブルか・埼玉県警 (AFP)
Short Url:
28 Jan 2022 09:01:14 GMT9
28 Jan 2022 09:01:14 GMT9

27日午後9時ごろ、埼玉県ふじみ野市大井武蔵野の民家で、住人の男が散弾銃を発砲し、訪問した医師鈴木純一さん(44)を人質に立てこもった。県警は約11時間後の28日朝、民家に突入し、殺人未遂容疑で男を逮捕した。鈴木さんは胸を撃たれ、搬送先の病院で死亡が確認された。

県警によると、男は無職渡辺宏容疑者(66)。調べに対し、黙秘している。鈴木さんが経営するクリニックの訪問看護を受けていた同容疑者の母親(92)が26日に死亡し、鈴木さんやスタッフ計7人が自宅に呼び出されたという。同行した男性理学療法士(41)も腹部を撃たれ、重傷を負った。

県警は東入間署に80人体制の捜査本部を設置。容疑を殺人に切り替え、母親の死亡をめぐるトラブルの有無も含め詳しい経緯や動機などを調べる。

逮捕容疑は27日午後9時ごろ、殺意を持って鈴木さんに猟銃を発射した疑い。

同15分ごろ、「バンバンという音がした」と近隣住民から110番があり、理学療法士が玄関前で血を流して倒れていた。同25分ごろ、「顔に催涙スプレーのようなものを掛けられた」と別の男性が同署に駆け込み、病院に搬送された。

民家に急行した県警の捜査員が、室内の固定電話を通じて説得に当たった。渡辺容疑者は、鈴木さんについて「動かない。救出してもらいたい」などと話していた。

28日午前8時ごろ、捜査員が突入。1階6畳間にいた渡辺容疑者を取り押さえ、緊急逮捕した。鈴木さんは同じ部屋で倒れており、ベッド上には母親の遺体もあった。

現場は東武東上線ふじみ野駅から南西に約2キロの住宅街。事件を受け、現場から半径300メートル以内の住民約50世帯110人が、近くの中学校に避難した。この中学校など小中計3校が休校した。

時事通信

topics
特に人気
オススメ

return to top