Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • G7サミット、広島で開催へ=岸田首相決定、バイデン氏支持

G7サミット、広島で開催へ=岸田首相決定、バイデン氏支持

首相は広島選出の国会議員として「核なき世界」実現を訴えてきた。(AFP)
首相は広島選出の国会議員として「核なき世界」実現を訴えてきた。(AFP)
Short Url:
23 May 2022 08:05:45 GMT9
23 May 2022 08:05:45 GMT9

岸田文雄首相は23日のバイデン米大統領との会談で、日本が議長国となる来年の先進7カ国首脳会議(G7サミット)を被爆地の広島市で開催する方針を伝えた。バイデン氏は支持を表明し、成功に向け連携することで一致。首相はこの後の共同記者会見でロシアのウクライナ侵攻に触れ、「核兵器による脅かしも国際秩序転覆の試みも断固拒否する意思を示したい」と強調した。

首相は広島選出の国会議員として「核なき世界」実現を訴えてきた。国際社会に発信する機会として地元に期待が強かったことを踏まえ、広島開催を決断したとみられる。 

共同会見で首相は「広島ほど平和へのコミットメントを示すのにふさわしい場所はない」と指摘。「核兵器の惨禍を人類が二度と起こさないとの誓いを世界に示し、G7首脳と平和のモニュメントの前で、平和と世界秩序と価値観を守るために結束していくことを確認したい」と語った。

バイデン氏は広島での開催について「非常にうれしく思う」と述べた。

G7の中では米英仏3カ国が核兵器を保有する。日本側は、被爆地を訪れることに拒否反応を示す可能性があると判断。3カ国の意向を慎重に探ったもようだ。サミット開催地には広島市以外に名古屋市と福岡市が立候補していた。

時事通信

特に人気
オススメ

return to top