Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 東京と札幌で五輪招致に反対する小規模な抗議活動

東京と札幌で五輪招致に反対する小規模な抗議活動

2030年の札幌オリンピック招致に反対する抗議者たち(2022年6月12日、東京・新宿区)。(写真提供/AP通信)
2030年の札幌オリンピック招致に反対する抗議者たち(2022年6月12日、東京・新宿区)。(写真提供/AP通信)
Short Url:
13 Jun 2022 12:06:56 GMT9
13 Jun 2022 12:06:56 GMT9

2030年冬季オリンピック開催に向けた日本の誘致に反対するため、日曜日に東京都心と北部の札幌で小規模な抗議活動が行われた。

約50人が各地で「オリンピック反対」の横断幕を掲げ、通行人に主張を伝えた。

#NoOlympicsの横断幕を持ち、抗議者たちは日曜日に2030年冬季五輪招致を取り下げるよう要求した。(写真提供:AP通信)

札幌は、ソルトレイクシティ、バンクーバーとともに、2030年大会の開催地として有力視されている。この3都市はいずれも過去に冬季オリンピックを開催している。

先週、札幌市議会は、この問題に関して市全体で住民投票を行うという提案を否決した。過去に住民投票を実施した都市では、たいていこの提案は却下されてきた。

札幌市の関係者によると、世論調査では52%が招致を支持しており、住民投票は不要であるという。

札幌市内をデモ行進した後、札幌在住のクボ・ユキさんは「莫大な費用がかかるのです」と述べた。

「みんな大変な思いで生活しています。オリンピックに無駄なお金を使っている場合ではありません」

札幌市は、オリンピック招致にかかる費用を26億ドルと見積もっているが、オリンピック招致は一貫して見積もりを超過している。

札幌市は、1972年のオリンピックで使用された施設の一部を使用し、1998年の長野冬季オリンピックの会場も利用したいと考えている。

終了して間もない東京オリンピックの正式な費用は136億ドルで、これは当初の見積もりの2倍である。

さらに、いくつかの政府の監査において、実際の費用が公式の数字をはるかに上回っていた可能性が示された。約60億ドル以外はすべて公的資金であった。

「東京は大きな借金を背負わされました。オリンピックはまだ終わっていません」と、東京の中心地、新宿駅近くで抗議するイチムラ・ミサコさんは語った。

 

東京大会には根強い反対があったが、開幕と同時にその声は弱まっていった。わずか1年ほど前のオリンピックでは、パンデミックのため参加できたファンはほとんどいなかった。

札幌の招致は、日本の与党である自民党と商業界の後ろ盾があり、ほぼ確実に進むと思われる。また、IOCは日本に対し借りがある。コスト増にもかかわらず東京オリンピックを開催し、チケット販売では地元主催者に10億ドル近くの損失を与えたためである。

国際オリンピック委員会は、2023年5月にインド西部の大都市ムンバイで開催される会議において、2030年の開催地を決定する見込みである。また、2034年の冬季大会の開催地も決定する可能性がある。

IOCは、次の3つの夏季大会の開催地(24年パリ、28年ロサンゼルス、32年オーストラリア・ブリスベン)を決定している。次の冬季オリンピックは2026年、イタリアのミラノ・コルティーナダンペッツォで開催される。

東京の繁華街で「中止」と書かれた大きな横断幕の横に立っていた学生のハヤマ・アキラさんは、「札幌で開催するという話があるなんて信じられない」と語った。「みんな忘れてしまったようです。」

AP

特に人気
オススメ

return to top