Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 天皇陛下、終戦77周年記念式典に出席

天皇陛下、終戦77周年記念式典に出席

(ANJ)
(ANJ)
(ANJ)
(ANJ)
Short Url:
15 Aug 2022 02:08:18 GMT9
15 Aug 2022 02:08:18 GMT9

カルドン・アズハリ

東京: 日本は月曜日、第二次世界大戦終戦から77年にあたり、約230万人の軍人と80万人の民間人を追悼する政府主催の式典を東京で行った。

全国戦没者追悼式は日本武道館で行われ、岸田文雄首相は首相に就任後初めて出席した。今年はパンデミックの影響で例年の5分の1にも満たない1000人が出席、例年に比べ更に規模が縮小された。

天皇陛下も式典に出席され、「深い反省」を表明、「再び戦争の惨禍が繰り返されぬことを切に願い、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、全国民と共に心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります」と述べた。

正午には、広島と長崎への原爆投下を含む戦争で亡くなった人々に対し、黙とうが捧げられた。岸田氏は1945年8月6日に原爆が落とされた広島の選出。長崎には8月9日に原爆が投下された。

岸田氏は「積極的平和主義の旗の下、国際社会と力を合わせながら、世界が直面するさまざまな課題の解決に、全力で取り組んでまいります」と述べた。

特に人気
オススメ

return to top