Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 北朝鮮がミサイル、日本上空通過=過去最長4600キロ飛行―17年以来、被害なし

北朝鮮がミサイル、日本上空通過=過去最長4600キロ飛行―17年以来、被害なし

浜田靖一防衛相は記者団に、北朝鮮が発射したのは中距離弾道ミサイル以上で、火星12と同型の可能性があると指摘。(AFP)
浜田靖一防衛相は記者団に、北朝鮮が発射したのは中距離弾道ミサイル以上で、火星12と同型の可能性があると指摘。(AFP)
Short Url:
04 Oct 2022 01:10:49 GMT9
04 Oct 2022 01:10:49 GMT9

日韓両政府によると、北朝鮮が4日午前7時22分ごろ、弾道ミサイル1発を内陸部慈江道舞坪里一帯から発射した。日本の東北地方上空を通過して同44分ごろ、太平洋上の日本の排他的経済水域(EEZ)外に落下した。松野博一官房長官は記者会見で、飛距離が過去最長の約4600キロ、最高高度が約1000キロと推定されると説明。航空機や船舶などに被害は確認されていない。

防衛省によると、ミサイルは午前7時28~29分ごろにかけて青森県上空を通過した後、岩手県釜石市から東に約3200キロの地点に落下したとみられる。

日本政府は、全国瞬時警報システム(Jアラート)を通じて、北海道と青森県などに避難を呼び掛けた。北朝鮮のミサイルが日本上空を通過したのは、2017年9月に北海道上空を越えた「火星12」以来5年ぶり。Jアラートの発動もそれ以来となる。「日本に飛来する恐れはない」として破壊措置は取らなかった。

岸田文雄首相は記者団に「暴挙であり、強く非難する」と述べ、情報収集・分析に努める考えを示した。また、米韓両国などと連携して必要な対応を行うよう指示した。政府は国家安全保障会議(NSC)を首相官邸で開催した。

松野氏は「わが国を含む国際社会全体にとっての深刻な挑戦だ」と述べ、北朝鮮に対し、北京の大使館ルートを通じて厳重に抗議したと説明。声明も発表し、国民に平常通りの生活を呼び掛けるとともに、反撃能力の保有を含め「防衛力を抜本的に強化する」意向を重ねて示した。

浜田靖一防衛相は記者団に、北朝鮮が発射したのは中距離弾道ミサイル以上で、火星12と同型の可能性があると指摘。韓国軍によると、速度はマッハ約17だった。

林芳正外相はブリンケン米国務長官と電話で会談し、国連安全保障理事会での対応に向け、日米、日米韓で連携することを確認した。

北朝鮮は今年に入りミサイル発射を繰り返し、巡航ミサイルを含めて今年23回目。 

時事通信

特に人気
オススメ

return to top